まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: キムチ

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/27(金) 17:22:42.39 ID:CAP_USER
    <中国と韓国の間で食品等の文化起源を巡る対立が続いている>


    韓国の大手食品メーカーが欧州に向けて輸出したインスタントラーメンなどから発がん性物資の代謝産物が検出された。
    欧州連合(EU)当局が各国に当該商品の回収を通知すると、中国メディアが大々的に報道した。

    新型コロナウイルス感染症の影響で世界的に「巣ごもり」生活者が増え、インスタント食品の消費が拡大するなか、
    中国メディアは韓国メーカーの失速が、中国メーカーの好機になると報じたが、中国と韓国の間で食品等の文化起源を巡る対立が続いている。

    2021年8月6日、EUの食品飼料緊急警報(RASFF)システムが、韓国の食品メーカー、農心の「海鮮タンメン」と八道の「ラポッキ」から
    基準値を上回る2-クロロエタノール(2-CE)が検出されたと発表し、欧州各国に商品の回収とリコールの実施を促す通知を行った。
    2-CEは発がん性物質に指定されているエチレンオキサイドの代謝産物で、2-CE自体は発がん性物質に分類されていない。

    韓国食品医薬品安全庁が製造工場の調査を行い、国内用と輸出用の「海鮮タンメン」の原料と輸出用「ラポッキ」の粉末スープから2-CEが検出されたが、
    摂取しても健康に害を与える量ではないと発表した。農心も国内向けと輸出向けは生産ラインが異なるため国内向けは問題ないと述べたが、
    同じ工場で生産している以上、安全とは言いきれないと不安視する声が韓国内で上がっている。

    RASFFの措置を受け、昨年、キムチ論争の端緒を開いた環球時報が反応した。
    中国国営メディアの環球時報が英語版のグローバルタイムスに「農心の欧州市場の打撃で中国ラーメンが機会をうかがっている」と題する記事を掲載し、
    中国メーカーの好機と報じたのだ。中国新聞坊も「韓国ラーメン会社が発がん物質基準値の最大148倍を超える事故を起こした」と題した記事で詳細に報道した。

    2020年、中国と韓国のキムチの起源をめぐる論争が勃発した。同年11月、中国四川省眉山市の「泡菜(パオツァイ)」が国際標準化機構(ISO)の認証を受けると、
    環球時報が「キムチ(泡菜)宗主国、韓国の恥辱」と報じたのだ。「泡菜」は野菜を塩漬けにした発酵食品で、キムチは中国では「朝鮮泡菜」「韓国泡菜」と呼ばれている。

    中国と韓国のメディアが論争を繰り広げ、中韓双方の人気ユーチューバーや駐韓米国大使、国連駐在中国大使が論争に加わった。
    また中国共産党の中央政治法律委員会が「韓国の『キムチ論争』は文化的な自信が乏しい韓国の被害妄想」と述べるなど両国の軋轢が高まった。

    論争が続いていた21年3月、韓国ドラマに「中国産ビビンバ」が登場。
    中国メーカーの番組内広告だったが、「中国がビビンバの起源まで主張している」という声まで出たほどだ。

    中国と韓国の文化起源を巡る対立はキムチがはじめてではない。2005年11月、韓国が江原道の「江陵端午祭」をユネスコの人類無形遺産に登録すると、
    中国は「端午の節句は中国が元祖で、端午祭も中国が起源」だとして反発した。

    同年、中国で放送された韓国ドラマ「大長今(日本名・チャングムの誓い)」も論争を引き起こした。
    主人公の「チャングム」などが施す鍼治療が韓国発祥と思わせる描写になっているという批判が中国内で提起されたのだ。

    韓国の東洋医学界が、韓方医学や鍼治療は、百済や高句麗ですでに定着していた独自の技術と主張する一方、
    中国は魏晋南北朝時代に中国から朝鮮半島に伝わった漢方医学と主張する。

    また、中国のインターネットで、韓国の三育物産が「チャングム」を広告に使用して「豆乳の元祖は韓国」と表記した商品を日本などに輸出しているという批判が起き、
    上海の新民晩報なども豆乳の起源は中国だと主張した。

    2011年5月、中国文化部が朝鮮半島の民謡「アリラン」を国家級非物質文化遺産に登録し、
    また、中国の少数民族である朝鮮族のアリランを世界文化遺産に登録すると明らかにした。

    韓国政府は北朝鮮と共同で「アリラン」を世界文化遺産に登録する準備を進めていたが、急遽、単独で登録を申請した。

    2014年3月、韓国国土交通部が韓国の床暖房「オンドル」を世界無形遺産に登録する考えを示すと、中国が「オンドルは中国北方の農村で使用した火炕と同じ」だと反発した。
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/08/post-96995.php

    引用元: ・【中国と韓国】キムチ、端午の節句、鍼治療、オンドル・・・文化起源を巡る対立が激化 [影のたけし軍団ρ★]

    【隙きあらば嘘をぶっこんで起源主張【中国と韓国】キムチ、端午の節句、鍼治療、オンドル・・・文化起源を巡る対立が激化 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/21(土) 21:10:31.14 ID:CAP_USER
    韓国が定めたキムチの中国語表記、再び「文化戦争」の火種に

    (CNN) 「キムチ」の表記がまたも中国と韓国の文化的対立の種になっている。韓国文化・スポーツ・観光省が7月、一部の韓国料理の「適切な外国語」表記に関する指針を改定するとの通知を発表したのがきっかけだ。

    新たな指針には、「辛奇(シンチ)」をキムチの新たな正式中国語表記にするとの規定があり、長年広まっていた訳語である「泡菜(パオツァイ)」は廃止される方針となった。

    問題の原因は、「キムチ」の発音を表す中国語漢字がないことにある。そのため、韓国の農業当局は4000あまりの中国語漢字を検討し、「キムチ」に音が似ているとして「辛奇(シンチ)」に決定したと報じられている。

    新名称の採用により、韓国政府は韓国のキムチと中国の漬物との間に明確な線を引きたい考えだ。後者は中国で「泡菜(パオツァイ)」と呼ばれる。

    指針改定の声明では「キムチの中国語名に『辛奇』を使うことにより、韓国のキムチと中国のパオツァイが明確に区別され、韓国の伝統食であるキムチについての意識が中国国内で高まることを期待する」としている。

    新指針は韓国政府や関連組織にとっては義務となるが、韓国の民間企業や中国メディアにとっては勧告にとどまる。

    それでも、両国のメディアやネットユーザーの間では激しい議論が巻き起こった。

    ただ、この議論の内容を詳しく見る前に、キムチとパオツァイの違いを理解する必要がある。

    韓国ではキムチは100種類以上の漬物の総称だが、通常は赤唐辛子やニンニク、ショウガ、魚介塩辛などで味付けした発酵白菜を指す。

    一方、中国語においてパオツァイは文字通りには「漬けた野菜」を意味する。漬物は通常、キャベツからニンジンに至る様々な野菜を塩水に漬けて作ることが多いためだ。

    両者には一定の類似性があるため、キムチは中国ではしばしば「韓国泡菜(ハングオパオツァイ)」と呼ばれる。

    韓国が辛奇(シンチ)をキムチの中国語名にしようとするのは今回が初めてではない。

    韓国農業当局は2013年、海外や国内の市場で中国製キムチが増えたのを受け、新名称採用を働きかけた。

    しかし、13年に新名称に関する公式発表が行われると、すぐさま反発の声が噴出。辛奇(シンチ)は中国であまりに不評だったため、泡菜(パオツァイ)という従来の訳語が復活した。

    一方で韓国は同年、キムチ作りなどの伝統を意味する「キムジャン」をユネスコ無形文化遺産に登録することに成功し、キムチ作りは誇るべき「韓国の文化的シンボル」となった。

    しかし20年11月、中国は四川泡菜(パオツァイ)について国際標準化機構(ISO)の認定を取得。中国紙の環球時報に掲載された記事では、「四川泡菜は(泡菜業界の)国際標準になった」と宣言した。

    韓国のネットユーザーやメディアは感心せず、この報道をキムチと韓国文化を「盗む」試みと呼んだ。

    この問題は反中国人感情を再燃させ、「韓国内の中国文化を抹消」することを求める声が高まった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d20c50968ee4979fb0a46d968139f144ded3c29
    no title

    引用元: ・【CNN】 韓国が定めたキムチの中国語表記『辛奇(シンチ)』、再び「文化戦争」の火種に[08/21] [LingLing★]

    【朝鮮漬でええやん 【CNN】 韓国が定めたキムチの中国語表記『辛奇(シンチ)』、再び「文化戦争」の火種に[08/21] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/18(水) 09:16:42.10 ID:CAP_USER
    no title

    写真はキムチチャーハン。

    韓国料理をあえて日本風の名前で表記した韓国の飲食店が物議を醸している。17日、韓国・朝鮮日報が伝えた。

    記事によると17日、韓国のオンラインコミュニティーやSNSで、ある飲食店のフードデリバリーアプリの画面をキャプチャーした2枚の画像が拡散され、注目を集めた。

    1枚目の写真に写っているのは、その店が販売しているメニューの詳細。赤いスープに数種類のソーセージが入った「プデチゲ」のことを、同店は「プデナベ(鍋)」と表記している。説明文には「東京風」との単語があり、追加メニューの選択肢には、「ブタカルビドン(豚カルビ丼)とセット」「ブタキムチドン(豚キムチ丼)とセット」という項目もある。「ブタカルビドン」と「ブタキムチドン」は、それぞれ豚カルビチャーハンと豚肉キムチチャーハンを指しているという。

    「ドン(丼)」は明らかに日本語だが、同店は韓国料理名を日本風の名前に置き換えただけでなく、「カルビ」や「キムチ」という単語もわざわざ日本語の発音に近づけて表記している。

    また、2枚目の画像は店のレビュー画面をキャプチャーしたもので、「キムチチャーハン、おいしいです」「プデチゲは味付けがちょっとイマイチだった」など、利用者が書き込んだコメントが表示されている。しかしこれに対し店主は、「キムチチャーハンじゃなくて、ブタキムチド….」「プデチゲじゃなくてプデナ…」と、料理名を修正するコメントを返信。ネットユーザーからは、「韓国料理をわざわざ日本風に言い換える理由が分からない」と批判を浴びているという。

    この記事を見た人々からも、「店主は日本人なの?韓国人だったら正気じゃないね」「表記の仕方もおかしいけど、『豚キムチ丼』だったら別の料理だよ」「店主は実際は日本語ができないようだな」「絶対にこの店は利用しない」「不買運動をすべき。逆に日本で日本人が同様に日本料理を韓国風に表記したら、無視されて潰れるはず」など、反発の声が多く寄せられている。

    一方で、「日本料理店のコンセプトなのでは?『シナモンパウダー』を『桂皮粉』と書いたとしても、店主の自由でしょ」「騒がしい人が多いね。トンカツ、オムライス、ハンバーグステーキのような料理名は問題ないわけ?」など、擁護するコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山)

    Record China    2021年8月18日(水) 8時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b881039-s25-c30-d0201.html

    引用元: ・【東京風】「キムチチャーハン」は「キムチドン(丼)」、韓国料理を日本式に表記した飲食店に批判殺到「不買運動をすべき」[8/18] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【とにかくなんにでも文句【東京風】「キムチチャーハン」は「キムチドン(丼)」、韓国料理を日本式に表記した飲食店に批判殺到「不買運動をすべき」[8/18] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/26(月) 20:45:30.64 ID:CAP_USER
    「韓国キムチ」の基準を巡り激しい論争
    輸出用キムチの70%で中国産の唐辛子粉を使用
    「外国産唐辛子粉で漬けたキムチを『韓国キムチ』と言えるか?」

     「韓国キムチ」を地理的表示保護(PGI)の対象に指定するため、韓国農林畜産食品部(省に相当)が年内に基準を定める方向で検討を進めているが、キムチ業界ではこの認証基準を巡って激しい論争が続いている。

     PGIとは農産物やその加工物が特定の地域や国で生産されたことを証明する制度のこと。その認証基準が定められている米国、中国、欧州連合(EU)など韓国と自由貿易協定(FTA)を締結している国や地域では、この基準に適合したキムチだけを「韓国キムチ」という名称で販売できる。中国メーカーなどが「韓国キムチ」として販売することを阻止できるということだ。

     原則的に考えれば全ての材料が韓国産でなければ「韓国キムチ」とは呼べないはずだが、これには問題がある。海外に輸出されるキムチのおよそ70%が中国産唐辛子粉を使用しているからだ。白菜や大根の次に多く使われる材料の唐辛子は当然キムチの主原料であり、キムチの味を決める重要な要素だが、これが中国産の場合「韓国キムチと言えるのか」という問題が浮上するのだ。

     キムチ輸出の50%を占める大象(宗家キムチ)やCJ第一精糖(ビビゴ)などは「キムチには少なくとも20種類の材料が使用されるが、その一部が外国産という理由で韓国キムチとして認められないとすれば、キムチの世界化にとって逆に障害になりかねない」と主張している。

     これに対して韓国産の材料だけを使う農協や一部のプレミアム中小メーカーなどは「韓国で生産された材料で作ったキムチを韓国キムチとして認証するのが常識であり、PGIの趣旨にもかなっている」と主張する。あるキムチメーカーの社長は「中国人が『韓国キムチの辛味は中国産唐辛子のおかげだ』と言い出した場合、これにどう反論すればよいのか」と指摘する。

    大手メーカーなどが中国産唐辛子粉を使う理由は「価格競争力」にある。韓国産は中国産に比べて3-6倍も高い。ある大手食品メーカーの関係者は「今でさえ韓国産キムチは海外メーカーのキムチよりも高いのに、韓国産唐辛子粉を使って価格がさらに跳ね上がれば輸出は難しくなるだろう」と説明した。

     別の食品メーカー関係者によると、イタリアの「ナポリ・ピザ」の場合、ナポリ方式で作りさえすれば海外で調理してもその名称が使えるという。つまり「原材料の基準にいつまでもこだわっていれば、逆に韓国メーカーに損害が発生しかねない」ということだ。

     韓国貿易協会や農林畜産食品部などによると、昨年のキムチ輸出は1億1909万ドル(約130億円)で過去最高を記録した。今年も上半期だけで8680万ドル(約95億円)を輸出し、年間では昨年の記録を上回るのは確実だ。このように輸出は好調だが、韓国メーカーが作ったキムチに中国の唐辛子粉が使われているという理由で「韓国キムチ」と言えないのであれば、「かえって輸出の逆風になりかねない」との懸念も指摘されている。

     一方で韓国産の材料だけを使うメーカーは「韓国産唐辛子粉にこだわる理由」について「価格が高くなっても味と品質を守るため」と主張する。

     唐辛子の生産農家は「韓国産の材料で漬けたキムチだけを韓国キムチとして認めるべきだ」と主張しているが、農産物業界に詳しい専門家の多くもこの考え方を支持している。唐辛子産業連合会のホン・ソンジュ会長は「中国産唐辛子粉を使用した場合は『中国産混合キムチ』とはっきり表記すればよいが、これを『韓国キムチ』と偽った場合は厳しく対処する」と明言した。農村経済研究院のパク・キファン先任研究委員は「実際は輸入された原材料を使いながら、その一方で国名を使った地理的表示保護の適用を受けたいようだが、これは制度の趣旨を間違って理解しているからだ」と指摘した。


    キム・チュンリョン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/07/26 17:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/07/26/2021072680026.html

    引用元: ・【中韓友好キムチ】中国産の唐辛子粉を使用して韓国で製造、どこの国のキムチ?[7/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【韓国は単なる工場なんだよ 【中韓友好キムチ】中国産の唐辛子粉を使用して韓国で製造、どこの国のキムチ?[7/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/22(木) 06:18:38.96 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国農水産食品流通公社(aT)は21日、東京五輪に参加する韓国選手団に国産キムチを提供すると発表した。安全で健康的な国産キムチで選手を応援すると同時に、世界に向けてキムチをPRする狙いがある。

     aTの金椿鎮(キム・チュンジン)社長は「韓国の五輪選手団には国産キムチを食べてがんばってもらいたい」と述べた。また、さまざまなマーケティングでキムチを世界に広め、1億8000万ドル(約200億円)という今年のキムチ輸出額目標の達成に最善を尽くすとした。

    聯合ニュース 2021.07.21 14:52
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210721002600882?section=entertainment-sports/index

    no title

    韓国農水産食品流通公社(aT)が、東京五輪に参加する韓国選手団に国産キムチを提供する(aT提供)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国】五輪選手団に国産キムチ 農水産食品流通公社が提供 [7/21] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【異質すぎてキモい 【韓国】五輪選手団に国産キムチ 農水産食品流通公社が提供 [7/21] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ