まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 用日

    1: 荒波φ ★ 2018/04/11(水) 09:13:04.84 ID:CAP_USER
    韓国ピングレ「スーパーコーン」(左)、日本グリコ「ジャイアントコーン」
    no title


    ピングレが5日に発売したアイスクリーム新製品「スーパーコーン」2種がパクリ議論に包まれた。日本製品を模倣したのではないかとの消費者の指摘が相次ぎ、会社側はパッケージのリニューアルを積極的に検討することにした。

    ピングレはスーパーコーン2種を出し「4年間に100億ウォンを投資して作った『この世になかったアイスクリーム』」と広告を出した。

    だが消費者は日本のグリコの長寿製品である「ジャイアントコーン」と似ているとしてパクリ疑惑を提起した。模倣対象とされたグリコのジャイアントコーンは1963年に発売された長寿製品だ。

    グリコは2013年にジャイアントコーン発売50周年を記念してバニラアイスを基本としたチョコナッツ味、チョコトッピングをのせたクッキー&チョコレート味など4種のリニューアル新製品を発表した。

    消費者はスーパーコーンがジャイアントコーンとデザイン包装などがほとんど同じだと主張する。実際に両製品とも回してむく既存のアイスクリムコーンのパッケージではなく三角形の包装でふたを開ける方式だ。製品名が書かれた位置や文字のデザイン、青と赤で作られた包装紙の色まで似ている。

    こうしたパクリ議論に対しピングレは製品を模倣したものではないと釈明している。

    ピングレ関係者は「1980年代にハリケーンコーンという製品を出し三角形のふたを使ったことがある。スーパーコーンは当時のデザインを改善して用いたもの」と話した。この関係者は「模倣したものではないが、消費者が類似していると感じ苦情を出しているだけに外観上議論の余地があるパッケージ修正を検討している」と話した。

    製菓業界のパクリ議論は今回が初めてではない。1983年に発売されたロッテ製菓「ペペロ」は1966年に日本のグリコが発売した「ポッキー」をパクったという評価を受けたことがある。

    オリオンが8年間かけて開発し昨年発売した「コブクチップ」もやはり日本の「サクサクコーン」「エアリアル」などと味と形が似ているという議論が続いている。

    オリオンが今年初めに発売した「マーケットオー生チョコレート」も日本の生チョコレートブランド「ロイズ」のパッケージデザインや味などがほとんど似ているという主張が出ている。


    2018年04月11日08時58分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/448/240448.html?servcode=300&sectcode=320

    引用元: ・【パクリ】 日本製品パクリ議論…韓国企業「パッケージ変更を検討」 [04/11]

    【【パクリ】 日本製品パクリ議論…韓国企業「パッケージ変更を検討」 [04/11] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/07/14(土) 22:13:43.98 ID:CAP_USER
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180713/k10011532701000.html

    韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、日本と北朝鮮の関係について、「日朝関係の正常化は朝鮮半島の平和に大きく寄与する」と述べて、日朝関係の正常化に向けて日本と協力していく考えを示しました。

    韓国のムン・ジェイン大統領は先月、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談が開かれたシンガポールを訪れ、13日午前、市内のホテルで講演しました。

    この中でムン大統領は、南北と米朝の首脳会談を踏まえ、「韓国、北朝鮮、アメリカの首脳は歴史の方向を変えた。朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和に向けて歩み始めた」と述べました。

    そのうえで日本に言及し、「南北関係の正常化は、米朝関係、日朝関係の正常化にもつながる」として、南北関係の正常化が進めば日朝関係にも影響を与えるという認識を示しました。

    そして「日朝関係の正常化は、朝鮮半島と北東アジアの平和と安定に大きく寄与する」と述べて、日朝関係の正常化に向けて日本と協力していく考えを示しました。

    引用元: ・【韓国】韓国 ムン大統領 日朝関係正常化へ日本と協力の考え[07/13]

    【【韓国】韓国 ムン大統領 日朝関係正常化へ日本と協力の考え[07/13] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/05(火) 16:27:23.67 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/020/242020.html

    順天郷(スンチョンヒャン)大学付属天安(チョンアン)病院は耳鼻咽喉科のパク・ジェホン教授(44)が日本の専門医らに後耳介頭頸部手術のノウハウを伝授したと5日、明らかにした。

    後耳介頭頸部手術とは顔、甲状腺、唾液腺など頭・首部位の腫瘍を耳の後ろの毛髪線の内側を切開して除去する手術で、傷あとの心配がない手術方法。

    日本の専門医2人はパク教授の後耳介手術の論文などを見た後、手術参観を要請し、4日に「後耳介甲状腺手術」「後耳介顎下腺摘出術」の2件の手術を参観した。

    パク教授は「後耳介手術をはじめ、順天郷大天安病院の耳鼻咽喉科で行われているさまざまな先端手術が国内外で注目を受けている」とし「韓国医療の地位をさらに高められるように今後も研究に努力していきたい」と話した。

    引用元: ・【韓国】韓国の耳鼻咽喉科医師、日本の医者に手術ノウハウ伝授[06/05]

    【【韓国】韓国の耳鼻咽喉科医師、日本の医者に手術ノウハウ伝授[06/05] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/19(火) 01:40:06.78 ID:CAP_USER
     韓国人の日本人に対する好感度が順調に改善している一方で、日本人の韓国に対する好感度は下がり、今年は逆転現象が起きたことが分かった。また、「北朝鮮の核問題は解決しない」と考える人の割合は韓国人が23.2%だったのに対し、日本人は65.1%と大きな差が付いた。

     韓国の東アジア研究院・韓国高等教育財団と日本の非営利団体・言論NPOは18日、韓日国民相互認識調査」の結果を発表した。同調査は2013年から毎年実施されており、今年で6回目。調査は5月19日から6月3日にかけ、韓国と日本の成人男女2014人を対象に行われた。

     報告書によると、日本に対する印象を「良い」と答えた韓国人の割合は、16年の21.3%、17年の26.8%に続き、今年は28.3%と毎年増加。一方、韓国の印象について「良い」と答えた日本人は16年の29.1%、17年の26.9%に続き、今年は22.9%と減少し続け、好感度が逆転するという現象が見られた。印象が良くない理由としては、韓国人(70.0%)、日本人(69.3%)とも「歴史問題」を1位に挙げた。好感を持つ理由としては、韓国人は「日本人の親切で真面目な国民性」(73.5%)、日本人は「韓国文化に関心があるため」(50.7%)をそれぞれ1位に挙げた。

     東アジア研究院のソン・ヨル院長は「日本を何度も訪れて情報を得ている韓国の20-30代の若者層で、日本に対する好感度が上がった結果だ」と述べた。また、言論NPOの工藤泰志代表は「日本人が韓国を嫌っているのではなく、歴史問題などによって関係改善が困難だと考え、関心が薄れた」と分析した。

     現在の韓日関係について「悪い」と考える韓国人は54.8%、日本人は40.6%で、昨年に比べそれぞれ10.8ポイント、17.1ポイント減少し、改善の兆しが見られた。解決すべき問題としては、独島(日本名:竹島)問題(韓国82.1%、日本38.7%)、歴史認識および教育問題(韓国78.1%、日本54.7%)、旧日本軍慰安婦問題(韓国73.5%、日本42.2%)を挙げる人が多かった。

    兪碩在(ユ・ソクチェ)記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓日の相互好感度逆転、「韓国の印象良い」と答える日本人減少>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/18/2018061803163.html

    引用元: ・【日韓】 韓日の相互好感度逆転、「韓国の印象良い」と答える日本人減少[06/18]

    【【日韓】 韓日の相互好感度逆転、「韓国の印象良い」と答える日本人減少[06/18] 】の続きを読む

    1: 【B:84 W:92 H:96 (C cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/06/18(月) 11:28:36.89 ID:CAP_USER
    ロッテアサヒ酒類が日本・福岡の名山である耳納連山の清浄水を使っ『イソノサワ・チュンマイ(磯の澤・純米)を国内で発売する。

    ロッテアサヒ酒類は17日、米を麹で発酵させてろ過したサケの一種である『イソノサワ・チュンマイ』を発売したと明らかにした。

    米で作ったサケだけに、米の風味を最大限にする高度の酒造技術が必要な難しい酒類である。

    ロッテアサヒ酒類が新たに発売した『イソノサワ・チュンマイ』は、日本の福岡県 うきは市に位置する1893年創業の伝統酒造企業、イソノサワ(いそのさわ)が酒造した。

    120年以上続くイソノサワの伝統酒造技術を使い、チュンマイの風味をそのまま感じる事ができる。

    特に主原料である米と麹を厳選して作った酵母と、日本の名山と呼ばれるミノウレンサンの清浄水を使い、柔らかいが深くてさっぱりとした味を表現しているのが特徴である。

    ソース:インサイト(韓国語)
    http://www.insight.co.kr/news/161181

    引用元: ・【韓国】ロッテアサヒ酒類、日本の名山清浄水で作った『イソノサワ・チュンマイ』発売[06/18]

    【【韓国】ロッテアサヒ酒類、日本の名山清浄水で作った『イソノサワ・チュンマイ』発売[06/18] 】の続きを読む

    このページのトップヘ