まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 用日

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/01/31(水) 11:34:49.77 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    HDC現代(ヒョンデ)アイパークモールと大元(テウォン)メディアが協業して、アイパークモールに
    『アニメーションテーマパーク』を開く。これで龍山(ヨンサン)駅アイパークモールは国内最大の
    『アニメーションの聖地』に生まれ変わると見られる。

    HDC現代アイパークモールと大元メディアは29日、来る2月10日に龍山アイパークモール6階のリビング
    パークに『ポップコーンDスクエア』をオープンすると明らかにした。大元メディアは日本の『スタジオジブリ』
    や『ドラえもん』、『ワンピース』などの有名アニメーションのライセンス事業権を保有しており、『走れハニ』
    や『ヨンシミ』などを自体製作した韓国最古のアニメーション専門メディア企業である。

    ポップコーンDスクエアはマンガの世界の村をモチーフに展示場や小劇場、キャラクターMDショップ、
    マンガテーマ通りなど3300㎡(1000坪)の空間をアニメーションの世界に飾った。オープンを記念して
    『世界名作劇場展、赤毛のアン、パトラッシュそして40年の思い出』を初作品として披露する。既成世代の
    思い出を生かし、子どもたちも楽しく接する事ができる思い出の名作と新作を準備した。マンガテーマ通り
    は童話の世界の村のような独特の雰囲気を作り、カフェや食べ物など視聴覚と味覚が一緒になった
    『五感体験』空間を演出する。

    大元メディアはポップコーンDスクエアの他にも、韓国唯一の『任天堂』常設売り場と日本最大のアニメ・
    マンガ流通会社『アニメメイト』の韓国1号店、スタジオジブリの公式キャラクターショブ『トトリシュプ
    (どんぐりの森)』をアイパークモールで運営している。

    (以下、略)

    ソース:亜州経済(韓国語)
    http://www.ajunews.com/view/20180129110039352

    引用元: ・【韓国】韓国最大の『アニメの聖地』完成=現代アイパークモール[01/31]

    【【韓国】韓国最大の『アニメの聖地』完成=現代アイパークモール[01/31] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/01/29(月) 20:22:03.03 ID:CAP_USER
    2018年01月29日10時50分 [? ISPLUS/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/012/238012.html?servcode=700&sectcode=730&cloc=jp|main|ranking

    韓国映画界に日本映画のリメークブームが起きている。

    2月14日に公開される『ゴールデンスランバー』(ノ・ドンソク監督)をはじめ、『リトル・フォレスト』(イム・スンレ監督)、『いま、会いにゆきます』(イ・ジャンフン監督)、『人狼』(仮題、キム・ジウン監督)など、日本映画を原作とする作品が次々と封切られる。

    日本映画リメーク作の共通点は豪華なキャスティングだ。同名の日本の小説と映画を原作としている『ゴールデンスランバー』にはカン・ドンウォン、キム・ウィソン、ハン・ヒョジュ、キム・ソンギュンらが出演する。特にカン・ドンウォン出演の新作として期待されている作品だ。こちらも同名の映画を再解釈した『リトル・フォレスト』は同年代の女優の中でも独歩的な位置づけのキム・テリと、ジャンルやキャラクターを問わず多くのラブコールを受けている俳優リュ・ジュンヨルの組み合わせが注目されている。韓国でも原作映画が大きな人気を博した『いま、会いにゆきます』では俳優ソ・ジソブと女優ソン・イェジンがロマンス演技で息を合わせる。『密偵』のキム・ジウン監督の新作であり、日本アニメ『人狼 JIN-ROH』が原作の『人狼』ではカン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、キム・ムヨル、ハン・イェリらが活躍する。カン・ドンウォンは2本続けて日本映画のリメーク作に挑戦する。

    『容疑者X 天才数学者のアリバイ』『フライ・ダディ』など日本映画を原作とする韓国映画は以前から作られてきた。だが、興行の面では大きく振るわなかった。その中で2016年10月に公開された『LUCK-KEY ラッキー』が697万人観客を動員して大ヒットを飛ばし、この雰囲気を逆転させた。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】韓国で日本映画のリメークブーム

    【【韓国】韓国で日本映画のリメークブーム 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/01/14(日) 17:29:18.19 ID:CAP_USER
    ■南海(ナムヘ)郡、日本兵庫県ベンチマーキング…「畜産業育成・代表ブランド食品開発」

    南海郡が、先進畜産業の育成と地域の代表ブランド食品の開発をするために、「兵庫県ベンチマーキング」に乗り出す。

    パク・ヨンイル南海郡長と公務員ら7人は、今年14日から16日まで畜産業と飲食産業が発達した兵庫県を訪れる。

    兵庫県は、日本の本州・西部に位置する県で、南海郡と友好交流関係を結んでいる淡路島を含んでいる。

    訪問団は初日に、日本で最高のマダコ漁獲量で有名な明石港水産市場を探してタコ販売店や専門料理店などを見学して、飲食コンテンツを通じた地域経済活性化策を模索する予定だ。

    二日目は、兵庫県庁農林水産局畜産課、神戸肉流通推進協議会、神戸牛専門レストランを訪問して、世界的な名声を誇る牛肉、神戸牛(Kobe Beef)と関連した産業全般について考察する。

    南海郡の関係者は、「日本牛肉の和牛の飼養管理、広報マーケティングなど現場的理解を介して宝島南海韓牛発展案を模索して、日本関西地方の食品文化体験から、南海群代表ブランドの食品を開発する契機になるようにしたい」と話した。

    http://www.kukinews.com/news/article.html?no=516661
    http://cdn.kukinews.com/data/photos/cdn/20180102/art_1515739724.jpg

    引用元: ・【韓国】 兵庫県をベンチマーキング、タコや神戸牛の飲食産業を見学…南海郡、畜産業育成と代表ブランド食品開発に向け[01/14]

    【【韓国】 兵庫県をベンチマーキング、タコや神戸牛の飲食産業を見学…南海郡、畜産業育成と代表ブランド食品開発に向け[01/14] 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2018/01/03(水) 09:43:51.66 ID:4NI+L/ps0● BE:399275318-2BP(2500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ハンギョレ

     韓日両政府は合意をなぜ成そうとしたのかその根本的な理由に立ち返るべきである。長い年月が経ったのでもう「未来」だけ見て適当にふたをして過ぎ去らせようとしたのではなかろうか。
    2015年の合意案に「被害者の名誉や尊厳の視点」が入っていると果たして言えるだろうか。当時の主な内容を「非公開」にしたのは誰のためだったのか。結局は政権に負担になる内容を隠そうとしたのではないか。
    このような問いに当時合意をした両国政府の当局は明確に答えねばならない責任がある。それでも「とにかく合意をしたのだから守りなさい」と主張するのは「慰安婦被害者の名誉」はもちろん、国際社会での日本の地位向上にも全く役に立たないだろう。

     慰安婦問題の合意は、互いに有利なことをやりとりするような通商協定とは性格が全く違う。歴史的意味と人類共通の価値を再確認する崇高な作業だ。
    これを密室でやりとりするように「取り引き」して両国国民に隠して嘘をついていたことは容認できない。単に朴槿恵(パク・クネ)政権の無能と身勝手ぶりだけを恨むのではなく、日本の安倍政権もまたこの責任を厳重に負うのが当然だ。
    日本政府は両国が合意になぜ乗り出したかを今からでも振り返り、いかにすることが韓国と日本の未来指向的関係に役立つのか、深く考えるべきである。

    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/29367.html

    引用元: ・韓国「とにかく合意したのだから守れ」と主張するのは、国際社会での日本の地位向上に全く役に立たない

    【韓国「とにかく合意したのだから守れ」と主張するのは、国際社会での日本の地位向上に全く役に立たない 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/30(月) 20:28:40.93 ID:CAP_USER
    サーチナ2017-10-30 13:12
    http://news.searchina.net/id/1646876?page=1

     2016年9月に台湾出身の江宏傑氏との結婚を発表した卓球の福原愛選手。今月には第一子出産も報じられ、おめでた続きだが、中国でも福原選手の結婚・出産は非常な喜びをもって受け入れられている。中国では台湾は中国の一部とみなされているので、中国で大人気の福原選手が「中国人と結婚した」と鼻を高くしているふしもあるのだろう。

     このように、中華系の男性と結婚する日本人がいることから、中国メディアの今日頭条は26日、中国を理解している日本人女性であればあるほど、中国人と結婚したがると主張、その理由を分析する記事を掲載した。

     記事はまず、日本と中国は隣国であり共通点も多いものの、日本では女性の地位が「信じられないほど低い」と主張。イスラム圏やアフリカと大差ないと感じるという。結婚相手が日本人か中国人かで女性の人生が変わるとさえ主張した。その良い例が「福原愛選手」と最近2度目の離婚で話題となった俳優の「いしだ壱成氏」の2組だという。

     福原選手が優しい夫に愛され、姑との関係も良好で「幸せいっぱい」なのはよく知られている。それに対し、いしだ氏は元妻に「7つの掟」を課していたため、妻が耐えきれなくなって離婚したのではないかと報道されている。それは、毎朝コップ1杯の水を用意すること、次に白湯を用意し、シャワー中にバスタオルと着替えを用意し、サラダには7種類のドレッシングを、帰宅時には45度の風呂を用意、入浴中に服とカバンを片付け、その日の領収書はその日のうちに精算するというものだ。記事は、この2組は真逆であると主張した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【中国報道 】日本人女性でも「中国を知る人ほど、中国人男性と結婚したがる」

    【【民族浄化の一環か? 】日本人女性でも「中国を知る人ほど、中国人男性と結婚したがる」 中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ