まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 政治

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/23(日) 08:38:47.94 ID:5EmUX4qJ
    2022年10月21日、韓国・中央日報は「尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の支持率が20%台後半~30%台序盤にとどまっており、与党にとって好材料となる事件が相次いでいるにもかかわらず、上昇する兆しがない」と伝えた。

    韓国ギャラップが21日に発表した支持率(18~20日に調査)は、前週より1.0ポイント下落の27%だった。5週連続の20%台となっている。一方、不支持率は65.0%で前週より2.0ポイント上昇している。他社の調査でも大統領支持率は横ばい状態が続いているという。

    北朝鮮は先月末から軍用機の南下や砲撃訓練など挑発行為を繰り返している。また、文在寅(ムン・ジェイン)政権時代の「西海(黄海)公務員射殺事件」隠蔽(いんぺい)疑惑と関連し、徐旭(ソ・ウク)前国防長官と金洪熙(キム・ホンヒ)前海洋警察庁長官が逮捕された。さらに最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)代表の「司法リスク」も拡大を見せている。記事は「保守支持層が好む北朝鮮問題、文在寅、李在明という『リスク3種セット』がそろっているにも関わらず、大統領支持率が微動だにしない」ことで、与党内には困惑の雰囲気が広がっており、「関係者は『深刻に受け止めるべき問題だ』と懸念を示している」と伝えている。

    野党勢力が最悪の危機にある中でも、なぜ大統領支持率はなぜ上がらないのか。国民の力の重鎮議員は「李代表と共に民主党に対する否定的世論が大きくなっても尹大統領の人気上昇に結びつかない、一種の『二元化現象』」だとし、「前政権や李代表の疑惑を徹底的に明らかにすることとは別に経済と民生のを改善しなければ支持率回復は難しいという民心の警告だろう」と話している。

    ギャラップによる向こう1年間の経済見通し調査では、「悪くなる」と答えた人は66%で、過去3年間の調査で最も高い数値を記録した。一方、「良くなる」との回答は11%にとどまったという。家計の見通しに関する調査でも同様で、回答者の37%が「悪くなる」と答えており、21年以降で最も高い数値だったという。記事は「経済と民生に対する懸念が、野党発のリスクがあっても中道派と無党派が尹大統領に軍配を上げない要因となっている」と分析している。ギャラップの調査でも、中道派回答者の大統領支持率は18%、不支持率が73%、無党派の支持率は18%、不支持率が68%だったという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「就任5カ月で不支持率65%、世界新記録だな」「民生をほったらかし、政治報復に血眼になっている大統領。就任5カ月で既にどれだけ国民の疲労感といらだちを誘発しているか、分かってないのか」「経済がどうなろうがかまわず、政敵の排除だけに必死になっていることを知らない国民などいない」「国民は未来志向なのに、政界は過去のやり方を繰り返している。希望は見えないね」「思考回路が1970~80年代のままだな」「国防も外交もめちゃくちゃ、経済はもっとひどい状態。何一つ成果を出してないんだから、支持率が上がらないのも当然だ。前政権の不正を暴いたら支持率が上がると思ってるようだけど、実績がなければ無理だよ。過去最高に無能な政府だね」「国政運営がまともにできてないのに、国を安心して任せられるわけがない」「こんなに剣を振り回して、5年後の自分はどうなるか分かってるのかね」など、大統領不支持の厳しい声が殺到している。(翻訳・編集/麻江)

    https://www.recordchina.co.jp/b903126-s39-c30-d0195.html

    引用元: ・好材料がそろっているのに…尹大統領の支持率が上がらない理由-韓国ネット「国防も外交もめちゃくちゃ、経済はもっとひどい状態」[10/23] [昆虫図鑑★]

    【そこまで馬鹿なのか - 好材料がそろっているのに…尹大統領の支持率が上がらない理由-韓国ネット「国防も外交もめちゃくちゃ、経済はもっとひどい状態」[10/23] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/20(木) 08:10:18.57 ID:LVi3CPxx
    2022年10月19日、韓国・インサイトによると、米調査会社モーニング・コンサルタントが分析した世界22カ国の首脳の国政遂行に対する国際評価で、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が3週連続で最下位となったことが韓国のネット上で話題となっている。

    記事によると、モーニング・コンサルタントは最近、世界22カ国の首脳に対する支持率調査の結果を公開した。肯定的評価が最も高かったのはインドのナレンドラ・モディ首相(75%)。2位はメキシコのロペス・オブラドール大統領(63%)だった。

    一方、尹大統領は3週連続の最下位だった。肯定的評価はわずか21%で、否定的評価は74%に達した。岸田文雄首相は16位で肯定的評価が24%、否定的評価が62%。ジョー・バイデン米大統領は8位で肯定的評価が42%、否定的評価が52%だったという。

    この結果に、韓国のネットユーザーからは「否定的評価で世界1位(泣)」「世界が尹大統領の無能さに気づいてしまった」「自国民だけでなく世界も否定的に評価。ああ恥ずかしい」「新しい大統領になったら一瞬にして国格が奈落に落ちた」「一日でも早く大統領を代えたい」など落胆の声が上がっている。

    他にも「どんなことであれ1位をとるのはすごいこと」「最下位の資格は十分にある」「尹大統領は何をしているの?早く抗議文を送って家宅捜索に入らないと!」など皮肉交じりの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    Record Korea 2022年10月20日(木) 7
    https://www.recordchina.co.jp/b902977-s39-c100-d0191.html

    引用元: ・尹大統領、国際評価で不支持率世界1位に=韓国ネット「恥ずかしい」「世界も気づいてしまった」 [10/20] [新種のホケモン★]

    【国全体がその程度なんだろうよ - 尹大統領、国際評価で不支持率世界1位に=韓国ネット「恥ずかしい」「世界も気づいてしまった」 [10/20] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/22(土) 23:57:50.49 ID:/AWXJ7wp
    「金持ちまで餓死」北朝鮮国民がさまよう阿鼻叫喚の巷
    高英起デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト

    秋の収穫期を迎えた北朝鮮。本来なら穀物価格が下がる時期のはずだが、今年に限ってはそうなっていないようだ。弾道ミサイル発射など軍事挑発を続ける金正恩総書記だが、国民は阿鼻叫喚の巷をさまよっている。

    この時期には個人のトゥエギバッ(小規模農地)や協同農場からくすねたものなどが市場に流入するが、今年は例年にもまして凶作の上に、穀物泥棒の取り締まりが厳しく、思うように穀物が入荷していないようだ。

    そんな中、あまりの貧しさに耐えかねた末の悲劇的事件が起きている。

    平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、泰川(テチ ン)に住んでいた50代の夫婦が自ら命を絶つ事件が先月初めに起きた。

    夫婦は、未婚の20代の娘と共に暮らしていた。娘がコロナを疑わせる症状を見せ、病院を訪れたものの、コロナではないとの診断を受けただけで、一切の治療も投薬もしてもらえなかった。

    市場で薬を買おうとも、日々の糧に困るほどの極貧生活をしていた家族は、近所の人々を訪ね歩き、金の無心をした。しかし、苦しいのは皆同じ。結局、助けの手を差し伸べてくれる人はいなかった。

    結局、娘は亡くなり、夫婦も後を追って命を絶った。

    枇 峴(ピヒョン)郡の良策(リャンチェク)労働者区でも同じような事件が起きている。

    村のハーモニカ住宅(長屋)に住んでいた6世帯は、皆同じベアリング工場に勤めていたが、給料も配給もほとんどもらえず、極貧生活を送っていた。うち2世帯は絶糧世帯(食べ物が底をついた世帯)となり、結局餓死した。別の2世帯は子どもと母親が熱病で死亡し、さらに別の1世帯では、あまりの生活苦に悲観した夫が自ら命を絶った。

    一方、商売や密輸で儲けて豊かな生活をしていたトンジュ(金主、ニューリッチ)の間でも、絶糧世帯が出るほどの有様となっている。

    平壌のデイリーNK内部情報筋によると、南浦(ナムポ)に住んでいたAさんは、自分名義の船を所有していた「船主」と呼ばれるトンジュで、北朝鮮と中国を行き来して貿易業を営み、市内に2部屋のマンションを持つほど豊かだった。

    ところが今年初め、Aさんは貿易法に違反したとの理由で摘発され、革命化(下方)と全財産没収の処分を受けた。残された家族は、家財道具を売って得たカネで食糧を買うほどの困窮生活に追い込まれた。

    今年8月、人民班長(町内会長)が回覧板を持ってAさんの家を訪ねたところ、ひとけがなかっため、怪しく思い家の中を覗いてみたところ、Aさん一家全員が亡くなっているのを発見した。おそらく餓死と思われる。

    江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)で、商品を他地方へ運ぶ「タルリギ」という商売を営んでいたBさんも、豊かな生活から奈落の底に叩き落された一人だ。

    元山では右に出る者はいないというほど手広く商売をしていたBさんだが、コロナによる移動統制で商売をたたむしかなくなった。収入が途絶え、売掛金の回収も滞り、借金地獄に陥った彼は「もはや生きていけない」との遺書を残して、家族を道連れにして命を絶った。

    トンジュすら生活苦に追い込まれる現状について、上述の平安北道の情報筋は驚きを隠しきれないようだ。

    「数年前まで、密輸や手広く商売をしているトンジュが餓死したり、自死したりするほど生活が苦しくなるなんて考えもしなかったが、金持ちだった人ですら耐えられないほど困窮生活に追い込まれている人が非常に多い」

    また、こんな状況に何の対策を打たない国に対して「政治が間違っているから人民が死につつある」と批判する人も増えたと伝えた。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20221021-00320322

    引用元: ・【北朝鮮】 「金持ちまで餓死」北朝鮮国民がさまよう阿鼻叫喚の巷[10/22] [LingLing★]

    【日本では朝鮮総連とか朝鮮籍の人間が元気に生きてる【北朝鮮】 「金持ちまで餓死」北朝鮮国民がさまよう阿鼻叫喚の巷[10/22] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/16(日) 19:34:56.34 ID:CAP_USER
    中国共産党第20回全国代表大会(第20回党大会)が16日午前、人民大会堂で開幕し、習近平総書記が第19期中央委員会を代表して第20回党大会への報告を行った。

    習総書記は、「最大の誠意をもって、最大の努力を尽くすことを堅持し、平和的統一という未来を成し遂げる。武力使用の放棄を決して確約するものではなく、一切の必要な措置を取る選択肢を保留する。国家統一と民族復興という歴史の車輪は勢いよく前進しており、祖国完全統一は必ずや実現しなければならないし、必ずや実現することができる」とした。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

    人民網日本語版 2022年10月16日(日)
    https://www.recordchina.co.jp/b902823-s6-c100-d0000.html

    関連スレ
    「サンモニ」青木理氏、日中関係について「中国は衝突は望んでない」と強調し 外交での解決望む [10/16] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1665904588/

    引用元: ・【人民網】習近平総書記「武力使用も含め必要な措置を取り、祖国完全統一を必ず成し遂げる」 [10/16] [新種のホケモン★]

    【回りを征服して統一したがるのな 【人民網】習近平総書記「武力使用も含め必要な措置を取り、祖国完全統一を必ず成し遂げる」 [10/16] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/16(日) 13:10:21.10 ID:CAP_USER
    2022年10月13日、中国メディアの中新経緯は、韓国・聯合ニュースの報道として、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)政府の次官級以上の高官の半数以上が株式を保有しており、最も好まれる銘柄はサムスン電子だと伝えた。韓国の企業分析研究所のリーダースインデックスが13日に発表した調査結果により明らかになった。

    リーダースインデックスが現政権により公開された個人の財産状況を基に、次官級以上の118人の株式保有状況を分析した結果、57%に当たる67人が本人や配偶者、子女の名義で上場企業の株式を保有しており、保有銘柄は654に上り、うち国内の銘柄が523、海外の銘柄が131だった。

    記事によると、株式を保有している高官の平均資産は約41億2835万ウォン(約4億1000万円)で、高官の保有する株式の時価総額は、7日の終値で計算して約134億8250万ウォン、日本円にして約13億5000万円に達している。(翻訳・編集/田口)

    Record Korea 2022年10月16日(日) 9時
    https://www.recordchina.co.jp/b902725-s39-c100-d0189.html

    引用元: ・韓国政府高官の半数以上が株式を保有、平均資産は4億円超 最も好まれる銘柄はサムスン電子 [10/16] [新種のホケモン★]

    【この辺りが昔の両班になるのか? - 韓国政府高官の半数以上が株式を保有、平均資産は4億円超 最も好まれる銘柄はサムスン電子 [10/16] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ