まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 政治

    1: 動物園φ ★ 2018/12/06(木) 21:14:28.17 ID:CAP_USER

    引用元: ・【韓国】韓国政府、5歳以下の児童に毎月1万円支援へ

    【支持率アップのためにバラ撒きww【韓国】韓国政府、5歳以下の児童に毎月1万円支援へ 】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2018/12/09(日) 11:19:37.69 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国の「反日・左傾化」が止まらない。いわゆる「徴用工」訴訟で日本企業の代理人を務めた韓国最大の法律事務所が、韓国検察の家宅捜索を受けたのだ。法曹関係者は「日本では考えられない」と明言する。民主国家では「司法権の独立」が絶対だが、「保守派の裁判官狩り」まで始まったという。もはや、隣国はまともな国ではない。

    《日本企業代理人に憲法裁の機密漏えい 請求権協定訴訟で=韓国司法機関》

     聯合ニュース(日本語版)は5日、このような記事を報じた。

     韓国では現在、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に、最高裁の所属機関「法院行政所」が、徴用工訴訟の進行を遅らせた疑惑が浮上している。

     冒頭の記事は、同疑惑に絡み、新日鉄住金や三菱重工業などの代理人弁護士が所属する法律事務所に、法院行政所が機密情報を渡していた疑惑を報じるものだ。

     中央日報(同)は3日、韓国検察が11月中旬、韓国最大のローファーム「金・張法律事務所」を家宅捜索したと伝えた。所属弁護士が最高裁側と打ち合わせをしたことが「裁判遅延に関与」と疑われたようだが、尋常ではない。

     元衆院議員で、弁護士の早川忠孝氏は「どの国でも、弁護士と裁判所の接触は基本的に違法ではない。もし、『裁判所と手続きの打ち合わせ自体が違法』と認定されたら、危なくてしようがない。ローファームの弁護士は、その国の中で『優良な弁護士』としての定評がある。その事務所が家宅捜索を受けるのは、日本では考えられない話だ」と語る。

     これは、事実上の「知日派」潰しではないのか。さらに、司法界で異常事態が起きている。

    韓国に詳しい麗澤大学客員教授の西岡力氏が次のように説明する。

     「最近開かれた裁判官代表者会議で、国会に対して『現役裁判官の弾劾訴追を求める決議』が行われ、与党が訴追準備に入ったと報じられた。追訴対象に最高裁判事も含まれていたが、いわゆる徴用工訴訟で『補償は韓国政府がすべきだ』と書いた人物だった。裁判所内の保守派をターゲットにした粛清の動きが強まっている」

     文政権誕生後、韓国の左傾化は強まっているが、法と証拠に基づいて判断を下す裁判所にまで「赤化・従北・反日」の波が及んでいるようだ。

     西岡氏は「韓国軍も、9月の南北首脳会談で署名された『軍事分野合意書』に基づき、次々と武装解除しているが、裁判所でも異常事態が起きている。主導しているのは左派の裁判官たちだ。韓国は急速に左傾化し、法治を踏みにじる革命が進んでいる」と指摘した。


    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181207/soc1812070015-n1.html
    夕方フジ 2018.12.7

    ★1が立った日時 2018/12/08(土) 18:43:26.25
    ※前スレ
    【韓国】止まらない“異常左傾化” 日本企業の代理人事務所に家宅捜索…法曹関係者「日本では考えられない」[12/7] ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1544274392/

    引用元: ・【韓国】止まらない“異常左傾化” 日本企業の代理人事務所に家宅捜索…法曹関係者「日本では考えられない」[12/7] ★3

    【反日洗脳カルト民族の成果【韓国】止まらない“異常左傾化” 日本企業の代理人事務所に家宅捜索…法曹関係者「日本では考えられない」[12/7] ★3 】の続きを読む

    1: Ttongsulian ★ 2018/12/07(金) 18:32:28.78 ID:CAP_USER
    集会の演説で故盧武鉉元大統領が大企業から数千億ウォン台の不法資金を受け取ったという虚偽事実に言及して起訴されたキム・ギョンジェ元韓国自由総連盟総裁が1審に引き続き2審でも懲役刑の執行猶予を宣告された。

    ソウル中央地方法院刑事控訴5部(ハン・ジョンフン部長判事)は7日、名誉毀損及び死者名誉毀損の疑いで起訴されたキム元総裁に1審と同じく懲役8ヶ月に執行猶予2年を宣告した。

    キム元総裁は朴槿恵政権の国政壟断疑惑が大きな社会的波紋を起こした2016年11月と去年2月、保守団体の集会で「2006年頃、盧武鉉元大統領がサムスンから8千億ウォンをまき上げて、イ・へチャン元総理がこれを主導した」と演説した。

    検察は盧元大統領とイ元総理の名誉を毀損した疑いでキム元総裁を裁判に掛けた。

    裁判部は「被告人の演説は事実関係と合わない部分が余りにも多く、被害者や遺族たちが大きな精神的被害を負ったものと見られる」と明らかにした。

    また「基本的な事実関係を十分に確認することができて、被告人自身も間違っているのが分かっていた」と、名誉毀損の故意もあったと判断した。

    裁判部は「単純に演説で終わったことではなく、その内容がメディアで報道されて名誉毀損が酷くなって、被害者も今なお謝罪を受け入れていない」と、処罰が必要だと明らかにした。

    ただ、キム元総裁の年齢と家族関係、一部の内容を直ぐに訂正しており、謝罪の意思を表明した点などを考慮して、1審と異なり社会奉仕命令は下さないことにした。

    2018/12/07 10:44
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20181207060600004

    引用元: ・【韓国】『盧武鉉元大統領の名誉を毀損』保守団体会長に懲役8ヶ月・執行猶予2年[12/07]

    【北朝鮮化してきたな【韓国】『盧武鉉元大統領の名誉を毀損』保守団体会長に懲役8ヶ月・執行猶予2年[12/07] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/02(日) 17:09:51.21 ID:CAP_USER
    自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)議員が青瓦台(チョンワデ、大統領府)の公職規律弛緩を主張し任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長とチョ・グク民情首席秘書官に対する更迭を促した。

    羅議員は1日午前にフェイスブックを通じ、「国家国秩序破綻5分前」「青瓦台が民生経済の崩壊する音は物ともせず権力遊びにばかりふけっているようだ。さらにまだ80年代の運動圏思考に染まっているため国家規律は砂の城のように崩れている」と批判した。

    羅議員はキム・ジョンチョン前儀典秘書官の飲酒運転摘発とソン・インベ前政務秘書官の贈収賄疑惑などに言及し、「このすべての疑惑と不正が事実と明らかになる場合、青瓦台職員の逸脱は単純なモラルハザードを超えた権力型犯罪水準に達する」と指摘した。

    特に民情首席室傘下の特別監察班職員の不正疑惑と関連し、「釈明を要求する記者らに『確認できない』『確認された事実ではない』と対応し議論が起きるとチョ首席秘書官は一歩遅れて特別監査班全員の交替決定を発表し口頭で懲戒を要求したというとんでもない釈明をした。青瓦台が直接調査して懲戒を決めなくてはならないのに、あわてて隠そうとしたにおいがする」と主張した。

    その上で「そういえば大統領と金正淑(キム・ジョンスク)夫人のプラハ城観光を外交的常識に反するチェコ訪問で包装する状況なので青瓦台の公職者の規律がその程度なのは驚くことでもない」と付け加えた。

    また「公権力の喪失は警察でも如実に現れている。警察庁は昨年9月に『平和デモは未申告などささいな問題があったとしても警察力行使を自制せよ』という警察改革委員会の勧告をそのまま受け入れた。司政当局が厳正な法執行を自ら否定せよと言っているおかげで民主労総の官公庁不法占拠、集団暴力事件など、その犯罪レベルは日を追うごとに増している」とした。

    羅議員は「大韓民国は第2次世界大戦後に産業化と民主化を同時に達成した偉大な国だ。その偉大な国が青瓦台の権力遊びと民主労総の社会秩序破壊、検察・警察の無法寛容により1年6カ月で乱闘場に変わった。憤怒に近い痛嘆が自然に出てくる」と批判した。

    羅議員は「青瓦台は崩れた公権力と組織規律に責任がある任室長とチョ首席秘書官を更迭し、国政運営を一新するよう文在寅大統領に強く促す」と明らかにした。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<韓国野党議員「国家秩序破綻5分前…憤怒に近い痛嘆が出る」>
    https://japanese.joins.com/article/687/247687.html

    引用元: ・【韓国】 「国家秩序破綻5分前」~野党議員「偉大な国が乱闘場に変わってしまった。憤怒に近い痛嘆が出る」[12/02]

    【詰みですねwww 【韓国】 「国家秩序破綻5分前」~野党議員「偉大な国が乱闘場に変わってしまった。憤怒に近い痛嘆が出る」[12/02] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/04(火) 00:23:47.36 ID:CAP_USER
     文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率下落の主な原因として、「20代」「慶尚道地域」「自営業者」の支持離れが指摘されているが、中でも自営業者の支持離れが加速している。

     世論調査機関リアルメーターが3日に発表した世論調査結果で、文大統領の支持率は全体で48.4%だったが、自営業者の文大統領支持率は37.8%にとどまった。10月1日の時点では自営業者の文大統領支持率は60%(全体65.3%)だったため、自営業者の支持率下落幅(-22.2ポイント)は全体の支持率下落幅(-16.9ポイント)より大きかったことになる。同じ期間に慶尚道地域の支持率は20ポイント、20代の支持率は14ポイント、それぞれ下落したが、自営業者の支持率下落が際立っている。韓国ギャラップの調査でも、5月25日の時点では自営業者の支持率が73%と全体支持率(76%)とほぼ同じだったのが、11月30日には40%(全体53%)まで急落した。
    (中略:ソウル市で食堂を営むパクさん(51)とパクさん(78)の話)

     専門家は、このところ自営業者の間で見られる支持離れ現象が今後も続くと警告する。世論調査機関リサーチ・アンド・リサーチのペ・ジョンチャン本部長は「政府が経済政策の基調を変更しない限り、自営業者の支持率回復は難しいだろう」との見方を示した。

     韓国統計庁の経済活動人口によると、全就業者のうち自営業者の占める割合は2007年には25.7%(604万8000人)だったが、昨年は21.3%(568万2000人)とやや減少している。しかし韓国の自営業者の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟国37か国・地域のうち5位で依然として高い。

     与党「共に民主党」は、先ごろ発表したクレジットカード手数料の引き下げをはじめ、自営業者の支援策を引き続き整備する方針だ。同党のイ・ヘチャン代表は「加盟店の問題などを十分に扱う予定」と述べた。しかし、現場の自営業者とは温度差があるようだ。
    (中略:ソウル市で靴店を営むキムさん(55)と仁川市内の伝統市場で会ったイさん(43)の話)

    自営業者からは「われわれが虫の息だというのに、文大統領はなぜ北朝鮮のことばかり気にかけているのか」という言葉も頻繁に聞かれた。

     零細事業者団体である小商工人連合会のチェ・スンジェ会長は「現場の状況とかけ離れた『所得主導成長』政策の結果が、最近の支持率に表れている」と指摘した。
    零細事業者は昨年5月の大統領選挙前に「社会的弱者を代弁してきた文大統領が執権すれば、零細自営業者らの暮らしも改善されるだろう」と各地で支持を表明したが、最近は支持離れ現象が続いている。野党「自由韓国党」の金容兌(キム・ヨンテ)事務総長は「全体的な景気後退を構造化して加速する政策を先に推進したため、現場では不満が漏れている」と指摘した。

    キム・ドンハ記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<「こんな不況初めて」 自営業者の文大統領支持離れ止まらず>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/12/03/2018120380063.html

    引用元: ・【韓国】 「我々は虫の息なのに、文大統領は北朝鮮のことばかり」~自営業者の大統領支持離れ止まらず、2か月で60%→37.8%[12/03]

    【ロウソクの炎が燃え広がってるな 【韓国】 「我々は虫の息なのに、文大統領は北朝鮮のことばかり」~自営業者の大統領支持離れ止まらず、2か月で60%→37.8%[12/03] 】の続きを読む

    このページのトップヘ