まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 外交

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 18:06:59.60 ID:???.net
    先週ワシントンの韓米首脳会談で北朝鮮の核問題に対する断固たる共助が再確認されたこと
    は意味のある成果だった。だが経済と交易側から見れば、そのまま見過ごせない部分が少なくな
    い。国際政治分野でも侮れない摩擦があらわれた。特に対米通商外交の摩擦はすでに水面上に
    浮上した。世界経済はますます集団化・ブロック化の傾向を見せながらグループ間の壁も硬くなっ
    ている。経済的な協力関係はそのまま安保協力関係と同一視される時代だ。経済・通商外交が軍
    事同盟の締結に劣らず重要だった。対米経済外交を再点検してみないわけにはいかなくなったの
    だ。

    最も疑わしい部分は環太平洋経済連携協定(TPP)に韓国が加入する問題だ。安鍾範(アン・
    ジョンボム)青瓦台(チョンワデ、大統領府)経済首席はこの問題が首脳会談で議論されたとして
    今回のワシントン会談の主要な成果だと数日前に会見した。だが長文の共同説明書には「米国は
    TPPについての韓国の関心を歓迎する。両国はTPPに対するこれまでの建設的な協議を深めて
    いくことを期待する」という1行だけだった。共同記者会見でも朴槿恵(パク・クネ)大統領は積極的
    な意志を繰り返し明らかにしたが、オバマ大統領はこの問題については黙殺無返答だった。朴大
    統領はこれに先立ち韓米財界会の演説、米戦略国際問題研究所(CSIS)の招待演説でもTPP
    加入の意志を強く明らかにした。大統領の要請に米国の肯定的な回答はなかったとみなければ
    ならないだろう。青瓦台はこの部分についてごまかすのでなく、明確に説明しなければならない。

    TPP加入協力どころか米国は共同説明文に韓国の為替レート操作問題を含めようとして韓国
    側を圧迫した。最終発表の段階で為替レート問題が外されたとは言うが、経済協力パートナーとし
    て韓国に対する米国の見方がこのハプニングの中にそのまま入っている。為替レート問題は昨日
    公開された米議会調査局(CRS)の「韓米関係」報告書にも入っている。議会でも注目するだけに
    1回きりの警告ではなかったということだ。

    為替レートこそ国家間の外交関係の総体的な反映だという面でも緊張することだ。ウォンの切
    下げを要求する圧力はいつでも現実化するとみなければならない。米議会は韓国の市場開放ス
    ピードにも問題提起をした。これは韓米FTAの履行に対する明確な不満の表示だ。TPPには入ら
    ないでおきながら急いで韓中FTAを締結したことに対する遠まわしな不満でもある。(中略)

    南シナ海紛争を念頭に置いたとみられるオバマ大統領の「公開要請」も通常とは思われない。
    要旨は「中国が国際規範と法を遵守しない場合、韓国も米国と同じ声を出してほしい」とのことだ
    った。南シナ海紛争のような懸案で協調しようという要求だった。

    米国と中国の間で選択を迫られる状況は遠い未来ではなく、当面の宿題だ。南シナ海紛争に
    ついてはすでに6月、米国務省東アジア太平洋次官補も韓国に明らかな声を出してほしいと要求
    したことがある。南シナ海の地政学的な特性を考慮するならTPPこそ、この地域で中国の覇権主
    義的な歩みに対抗する太平洋諸国の安全航路の構築という性格が強い。TPP交渉妥結当時に
    米日首脳たちが太平洋をめぐる「価値の同盟」がスタートしたと評価したのも、新たな経済安保同
    盟の始まりを強調したものだった。太平洋12カ国のこうした緊密な協力体で韓国が排除されたこ
    とについてもこれまで誰一人として責任を負う者がいなかった。

    朴槿恵大統領の親中外交が結局は試験台に上がったことになる。TPPよりも韓中FTAを優先
    視するなど中国に駆け寄っていった外交的な代償も侮れない。中国と友好的関係だがもともとの
    北朝鮮の核阻止では顕著な成果も出せなかった。その間に対米通商外交が危機に直面したよう
    な状況になった。尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は韓米関係が史上最高の状態だと強弁した
    が、今回の訪米結果はそれとは全くかけ離れている。朴大統領は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の失
    敗した北東アジア均衡者論を反面教師にする必要がある。外交参謀陣を整理しただけに韓米同
    盟の強化を国家存亡の次元で固めていかなければならない。韓米同盟こそ大韓民国外交の基礎
    中の基礎だ。

    ソース:韓国経済新聞/中央日報日本語版<【社説】韓国の対米外交、重大危機に直面したのではないか>
    http://japanese.joins.com/article/215/207215.html

    引用元: ・【米韓】 韓国の対米外交、実は重大危機に直面したのではないか/中央日報社説[10/20]

    【( ゚∀゚)アハハ 今になって泡食ってるよ【米韓】 韓国の対米外交、実は重大危機に直面したのではないか/中央日報社説[10/20]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 12:24:33.81 ID:???.net
    先週末ホワイトハウスであった朴槿恵(パク・クネ)大統領とオバマ大統領の共同記者会見は、
    韓半島(朝鮮半島)問題に対する米国政府とメディアの見解を垣間見ることができる分かりやすい
    機会だった。51分間にわたる記者会見で、米国記者たちの質問は米国内の政治や対外懸案に
    集中した。お客さんを迎えておきながら「とんでもない」質問ばかり行う米国の記者たちが無礼で
    薄情に見えたかもしれないが、冷静に考えれば間違ってはいない。

    大統領に直接質問できる決して多くはない機会を最大限大切に活用するには、最も重要なこと
    から尋ねるのが道理に合う。米国のマスコミが見るにつけ、北朝鮮の核や韓米同盟は米民主党
    大統領候補争いやシリア問題、イスラエル・パレスチナ紛争などに比べ優先順位が下がっていた
    り「つまらない」イシューだということを、私たちの目で確認したわけだ。

    並び立った一国の首脳の「体面」を考えて米国記者たちの質問を適当に打ち切って韓半島(朝
    鮮半島)問題に質問を誘導することもできるが、オバマはそのようにしなかった。どんな質問にも
    誠意を尽くして答えた。十分に見てきた場面なので事実今更どうだというわけでもない。メディアに
    対する米最高指導者の姿勢がうらやましいばかりだ。記者会見が終わるやいなや発言の全文と
    動画をそのままホワイトハウスのサイトに上げたのもうらやましいのは同じだ。その差は今すぐに
    青瓦台(チョンワデ、大統領府)サイトに入ってみれば分かる。

    今回の首脳会談の最大の成果として青瓦台は韓国の「中国傾斜」の可能性に対する米国内の
    憂慮を払拭させて堅固な韓米同盟を再確認したものと強調している。だが記者会見から出てきた
    オバマの発言で色あせていた。オバマは「韓米関係にはどんな亀裂もない」としながら「韓国が米
    国と良い関係を維持しながら中国とも良い関係を結ぶことの間に矛盾はない」と話した。「惜しいこ
    とに(?)」オバマはそこであえてもう一歩踏み込んだ。

    彼は「朴大統領に話したように」という言葉で首脳会談の時にすでに言及したことを暗示しなが
    ら「私が強調したいまさに一つのことは、中国が国際規範と規則を守らない時は韓国も私たちのよ
    うにそれについて声を出すことを望むという点」と話した。第2次世界大戦の終戦後に確立された
    国際規範と規則から韓国も恩恵を受けているのではないかとの説明もつけ加えた。要するに第2
    次世界大戦後に樹立された米国中心の国際秩序に中国が挑戦する場合、韓国も明らかな反対
    の声を出してほしいという要求だ。

    南シナ海や東シナ海で中国が国際法を無視して混乱を起こしたり、米国が構築した国際政治・
    経済の枠組みを揺さぶったりする場合、明確に米国の肩を持つことが韓国の国益に役立つという
    話だ。質問に対する答弁の過程から出た話ではあるが、韓国を日本のように確実な米国側だと考
    えていたとすれば、あえてそのような話をしなかっただろう。中国と良く過ごすのは良いが限度を
    越すことはするなという警告に聞こえる。

    青瓦台は北朝鮮問題に対する別途の共同声明を通じて北核問題を「最高の緊急性」と「確固た
    る意志」を持って扱うことにした点も成果に挙げている。米国がこれまで堅持してきた「戦略的忍耐」
    から抜け出して積極的に北核問題の解決に乗り出すことにしたようなニュアンスだ。事実ならば大
    きなニュースだ。オバマ政権対北朝鮮政策路線の「Uターン」を意味するからだ。国内メディアはこ
    の点を浮き彫りにして大きく報道したが、米国メディアは完全に無視した。北朝鮮が先に核と弾道
    ミサイルプログラムを完全に放棄するという真の意志を見せるべきだという大前提は全く変わって
    いないので、米国の路線変化とは思われないと判断した可能性が高い。

    >>2-5のあたりに続く

    ペ・ミョンボック論説委員・巡回特派員

    ソース:中央日報日本語版<【コラム】こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交=韓国>
    http://japanese.joins.com/article/192/207192.html

    関連スレ:【話題】米中、韓国の中立的態度に不満 南シナ海
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445303222/

    引用元: ・【米韓】 こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交~外交ジレンマは終わりではなく本格的な始まりだ/中央日報コラム[10/20]

    【アジア大陸のこぶ【米韓】 こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交~外交ジレンマは終わりではなく本格的な始まりだ/中央日報コラム[10/20]】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/10/18(日) 12:30:43.45 ID:???.net
    <韓米首脳会談>「中国に偏った韓国」のイメージ払拭、北核問題は米国の実行がカギ

    【写真】 朴槿恵大統領(左)とオバマ大統領が16日にホワイトハウスで共同記者会見をした後に握手している。
    両首脳は最初片手で握手したがオバマ大統領が先に両手を握ると朴大統領もまねて微笑を浮かべた。
    no title


    米国なのか、中国なのか。16日にホワイトハウスで開かれた韓米首脳会談が改めて韓国に投げかけた質問だ。
    今回の朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米は北朝鮮の核問題の再イシュー化、韓国の中国傾斜論払拭などで
    成果を出したが、米国と中国という「ビッグ2」に挟まれた韓国の現住所がそのまま表れた。

    「2015北朝鮮に関する韓米共同声明」という題名から見るように、今回の首脳会談の最大の焦点は北朝鮮
    と北朝鮮の核問題だった。共同声明で両国首脳は「北朝鮮の核問題を最高の緊急性と確固として意志を持っ
    て取り扱う」と明らかにした。韓米が北朝鮮と北朝鮮の核問題だけに限定して共同声明を発表したのは初めてだ。
    内容はこれまでの北朝鮮の核解決に対する米国の意思表明の中で最も強力なトーンに分類される。

    問題はオバマ政権の任期が1年しか残っていないという点だ。オバマ政権が任期末に北朝鮮の核解決にどれだけ
    積極的に乗り出すかは未知数だ。米国の主導的参加なくして6カ国協議の再開だけでなく北朝鮮の核問題解
    決が難しいということは周知の事実だ。延世(ヨンセ)大学の文正仁(ムン・ジョンイン)教授は、「共同声明は条件
    付き提案だけでつづられている。北朝鮮の核問題解決に向けた新たな流れにつながるかは不透明だ」と話す。

    2012年の「米朝2・29核合意」が北朝鮮の長距離ミサイル発射により半月で破棄されてからオバマ政権は北
    朝鮮の核問題に対し事実上開店休業状態だった。外交通商部次官を務めた高麗大学の金聖翰(キム・ソン
    ハン)教授は、「対外政策の優先順位で北朝鮮はイランやシリアはもちろんキューバよりも下だった」と話した。

    これを「戦略的忍耐」と米国は命名したが、「何もしないで自然に解決することを望んでいる」という非難を受けた。
    「後ろ手を組んでいたオバマ大統領を朴槿恵大統領が改めて前面に登場させた」(林東郁・韓国交通大学教授)
    という評価が出てくる理由だ。(中央SUNDAY第449号)

    http://japanese.joins.com/article/121/207121.html

    関連スレ
    【米韓】オバマ大統領 韓国は中国が規則違反なら意見すべきとの考え示す [10/17]★2 [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445077633/
    【米韓】 「統一韓国は平和の産婆…韓米同盟を人類のための同盟に」~朴大統領、米国戦略国際問題研究所で演説[10/17] [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445085421/
    【朝鮮日報】朴大統領、米国との熱い友情を示す写真を撮影するなどして韓米同盟の根底を固めよ [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1444798482/
    【国際】朴大統領 「同伴者のような米韓両国、製造業新ルネサンスの扉を開こう」 [転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1444880692/

    【まだ、モテモテ気分だよwww【米韓首脳会談】 「中国に偏った韓国」のイメージ払拭、北核問題は米国の実行がカギ…中央日報[10/18]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/10/17(土)10:22:25 ID:OJX
     朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は15日朝(現地時間)、訪問中の米国で国防総省本庁舎(ペンタゴ
    ン)を訪問した。大韓民国大統領としての訪問は李明博(イ・ミョンバク)前大統領に続いて2回目。
    米国防省はこの日の公式日程として朴大統領を出迎えた。大統領府の関係者は「米国が異例の配慮を
    示した」とコメントした。

     先月北京で行われた抗日戦勝記念行事の際、天安門の上から軍事パレードを見守った朴大統領は、
    わずか1カ月後に米軍の心臓部に立った。北朝鮮の核問題解決と統一に向けて鍵を握る米中両国を行き
    来したわけだ。今回の朴大統領によるペンタゴン訪問には、韓国の中国傾斜に懸念を示す米国の各界
    に、韓米同盟の強固さをあらためて示すという意味合いもあった。

     公式行事はペンタゴンの建物前の練兵場で16分にわたり執り行われた。開会宣言と隣席する上官へ
    の敬礼に続き、21発の礼砲が打たれ、さらに大韓民国と米国の国歌演奏、朴大統領による閲兵、儀仗
    (ぎじょう)隊による行進と続いた。大統領府は「通常ならペンタゴンを訪問した韓国や外国の首脳、
    あるいは貴賓に対しては、5分の簡単な歓迎行事で終わる」と説明した。

    中略:芳名録に「韓米同盟を基礎に、韓半島(朝鮮半島)の平和統一時代が切り開かれることを願い
    ます」と書き、国防長官専用の会議室でカーター国防長官らと挨拶。安全保障面や宇宙分野での協力
    に関して意見交換した。

     会見を終えた朴大統領は、カーター長官と共に会議室前の廊下で米軍幹部らと「ロープ・ライン・
    ミーティング」を行った。「ロープ・ライン・ミーティング」とは隊列を形成した状態で行う略式ミー
    ティングのことだ。朴大統領は韓国に赴任し、あるいは赴任する予定の31人の米軍将校や、米国に派
    遣されている韓国軍将校5人に「皆さん一人一人は韓米同盟そのものだ」と語り掛けた。続いて英語で
    「韓国は感謝の意を伝えたい。今後も共に進んでいこう」と述べると、将校たちは「共に進んでいき
    ましょう」と韓国語で叫んだ。

    ワシントン=崔宰赫(チェ・ジェヒョク)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/16/2015101600936.html

    【チョロくていいんじゃないかな 【米韓】朴大統領がペンタゴン訪問、米国が「異例」の配慮:一般的に5分程度の式典がパク大統領には16分も執り行われた[10/16]】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/10/19(月) 09:45:26.68 ID:???.net
    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は今回の訪米で韓米同盟の強さをあらためて確認し、
    北朝鮮の核問題解決のため米国の前向きな姿勢を引き出すなどの成果を収めた。

    しかし、それと同時に負担を感じさせる宿題も持ち帰ってきた。

    特に、オバマ米大統領が実質的に「米中の利害がぶつかる時は米国の味方になれ」というメッセージを公に伝えた今、
    米中間で均衡点を見つけることが韓国にとって難しい外交課題になるものと思われる。

    オバマ大統領は16日(現地時間)、韓米首脳会談後の共同記者会見で、
    「米国は、韓国が中国と非常に良好な関係を保つことを望む」と述べながらも、
    「もし中国が国際規範や法の順守で失敗をしたら、韓国が声を上げるべきだと朴大統領に要請した。

    韓国と米国は国際規範や国際法に基づき多くの恩恵を受けてきた。
    中国が法を無視し、やりたい放題のことをしたら、韓国にとってもいいことではない」と言った。

    オバマ大統領が強調した「国際規範と法」とは、事実上「米国が主導する現在の世界秩序」を意味する。
    この秩序に中国が逆らって台頭するのは、米国が最も警戒しているシナリオだ。

    つまり、オバマ大統領は
    「経済協力や北朝鮮の圧力などで韓国が中国と同じチームになることを反対する理由はないが、
    米中の規範が衝突する時もそうでは困る」という考えを朴大統領の前で明言したのだ。

    オバマ大統領はまず、米中が激しく対立している「南シナ海問題」で、韓国の見解表明を要求したものと受け止められている。

    中国は現在、南シナ海一帯での領有権を主張しており、日本・ベトナム・フィリピンなどと対立している。

    米国は特に、中国が人工島を作って軍用飛行場を建設したことに強く反発しており、「艦艇派遣もあり得る」と警告している状況だ。


    2015/10/19 09:16
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/19/2015101900792.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/19/2015101900792_2.html

    >>2に続きます。

    【その場で即答しなきゃならんレベルの話だろうにw 【朝鮮日報】「米中対立時、どちらに付くのか」大きな宿題持ち帰った朴大統領[10/19]】の続きを読む

    このページのトップヘ