まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 外交

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/24(火) 14:01:08.70 ID:rZys9x6Y
    no title

    尹錫悦(ユン・ソクヨル)韓国大統領とムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAE大統領が16日午後(現地時間)、バラカ原発で開かれた3号機の稼働記念行事に出席している。[写真 大統領室

    イラン外務省が「アラブ首長国連邦(UAE)の敵はイラン」という尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の発言以降、韓国政府の対応に対して一部努力を認めながらも不十分だとのいう立場を明らかにした。

    23日(現地時間)、国営IRNA通信によると、イラン外務省のナセル・カナニ報道官はこの日の定例記者会見で「テヘランとソウルで我々は真摯な立場を伝達した」とし「対話で韓国政府は失敗を正そうとする意志を示した」と話した。

    その一方で「我々の観点で(韓国政府の)措置は充分ではなかった」とした。

    これは尹大統領の発言に関連し、両国が大使を互いに招致した後に初めて出てきたイラン側の反応だ。レザ・ナジャフィ外務次官(法務担当)が18日、テヘランで尹ガン鉉(ユン・ガンヒョン)駐イラン韓国大使を招致すると趙賢東(チョ・ヒョンドン)外交部第1次官は19日サイド・シャベスタリ駐韓イラン大使を招致した。

    この日、イラン外務省は韓国政府に凍結資金返還の約束を履行するよう要求もした。カナニ報道官は「凍結資金問題を解決するための韓国政府の努力に満足できない」としながら「韓国内のイラン資金は両国の他の懸案と関係なく返還されるべき」と話した。

    韓国には現在70億ドルほどのイラン資金がウォン建てで凍結されている。米国政府が2018年イラン核合意(JCPOA・包括的共同行動計画)を離脱してイラン制裁を復活させ、イランの石油販売代金口座を凍結した。これはイランの海外凍結資産のうち最大規模だという。

    イランは駐イラン韓国大使を招致し、韓国大統領が核兵器製造の可能性に言及したとし、これは核拡散防止条約(NPT)に背くものだとして説明を要求した。しかしこの日外務省報道官の記者会見ではこれに関連した追加発言は出てこなかった。

    中央日報/中央日報日本語版2023.01.24 08:45
    https://japanese.joins.com/JArticle/300210

    ※関連スレ
    【国際】イラン、韓国との関係見直しを示唆「ユン大統領の発言や原油代金などに適切な処置を取らないと関係を見直す」 [動物園φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1674136171/

    引用元: ・【中央日報】イラン「韓国政府、失敗を正そうとする意志見えたが不十分」[1/24] [仮面ウニダー★]

    【また怒られてやんのw怒られてばかりww 【中央日報】イラン「韓国政府、失敗を正そうとする意志見えたが不十分」[1/24] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/19(木) 07:27:47.50 ID:+g4l+Eqb
    イラン政府が駐イラン韓国大使を呼び「アラブ首長国連邦(UAE)の敵はイラン」という尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の発言に対して抗議したとイランISNA通信が18日(現地時間)、報じた。

    イラン外務省の声明によると、法律および国際機構担当であるレザ・ナジャフィ外務次官はこの日、尹ガン鉉(ユン・ガンヒョン)韓国大使と会い、イランとペルシア湾地域の国々との友好関係を説明した後、「韓国大統領の発言はこのような友好関係を妨害し、地域の平和と安定を害するのと同じこと」と述べた。

    あわせて「これに対して韓国政府は今すぐ説明し、立場を訂正することが必要だ」と付け加えた。

    また、ナジャフィ次官はイランの資金凍結など韓国政府の非友好的措置に言及して「紛争解決に向けて有効な措置をしないなら両国関係を再検討する場合もある」と述べた。

    ナジャフィ次官は最近韓国大統領が核兵器製造の可能性も取り上げたが、これは核拡散防止条約(NPT)に反することだとして韓国側の説明を求めた。

    これに対して尹大使は尹大統領の発言について説明して「イランとUAEまたは韓国との関係とは関係がない」と述べたとISNAは伝えた。

    尹大統領は15日、UAE歴訪中にアーク部隊を訪れて「UAEの敵、最も脅威的な国家はイランで、我々の敵は北朝鮮」としながら「我々とUAEが非常に類似の立場にある」と述べたことがある。

    中央日報/中央日報日本語版2023.01.19 06:45
    https://japanese.joins.com/JArticle/300076

    ※関連スレ
    【聯合ニュース】在韓イラン大使館 尹大統領発言で「韓国政府の説明待つ」[1/19] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1674077611/

    【中央日報】尹大統領「UAEの敵はイラン」発言に…イラン「韓国の説明を待っている」 [1/17] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1673940747/

    引用元: ・【中央日報】イラン政府、尹大統領「UAEの敵」発言に韓国大使を招致[1/19] [仮面ウニダー★]

    【大使もユンユンか 【中央日報】イラン政府、尹大統領「UAEの敵」発言に韓国大使を招致[1/19] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/13(火) 08:06:47.97 ID:GS4XXO0X
    韓国外相と中国外相が遠隔で75分間会談 「習主席の来韓など首脳同士の交流と意思疎通」で一致

    韓国外交部(省に相当、以下同じ)の朴振(パク・チン)長官と中国の王毅・外相は12日に遠隔で外相会談を行い「航空便の増便、人的交流、文化コンテンツの活性化など目に見える成果を出すため積極的に協力する」との点で一致した。朴長官は北朝鮮の核・ミサイル挑発について「追加の挑発や核実験を自制させることが韓中両国にとって共通の利益だ」との考えを示し、これに対して王毅・外相は「韓半島問題では建設的な役割を果たしたい」と応じた。韓国外交部が伝えた。

     韓国外交部はこの日、朴長官と王毅・外相が約75分にわたり遠隔で外相会談を行い、韓中関係や韓半島問題などについて意見交換したことを明らかにした。尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領就任後、先月はじめて韓中首脳会談が行われたが、これについて両外相は「新たな韓中協力の時代を開く重要な里程標になった」「習主席の来韓など、首脳間交流のモメンタムが続くよう意思疎通を続ける」などの点でも一致したという。会談では尹大統領と習主席との間で合意した外交・国防次官による「2プラス2対話」に加え、「1.5トラック(半民半官)対話」を早期に推進することも議論された。

     朴長官は北朝鮮が今年に入って過去最多となる弾道ミサイルを発射したことに懸念を示した上で、「北朝鮮による7回目の核実験など追加の挑発を自制し、非核化に向けた対話の道に出させるための協力がこれまで以上に必要な時期だ」との考えを伝えた。また両外相は「サプライチェーンに関する意思疎通と航空便の増便、人的交流の拡大および文化コンテンツ交流を活性化するなど、様々な分野で成果を出すため積極的に協力する」との点でも一致した。いわゆる「限韓令(韓流制限令)」が過去6年にわたり韓中交流の障害となったため、その解除に向けた期待が高まることも予想されている。

     王毅・外相は米国議会で成立した「インフレ削減法(IRA)」について「米国は国際的なルールの建設者ではなく破壊者であることが改めて立証された」「各国は当然のことながら世界化に逆行する古い思考と一方的な覇権の動きに対抗しなければならない」と主張した。中国外交部が伝えた。IRAが韓国や中国などの正統な権益を害していることを強調した形だ。韓国の面前で中国は韓国の同盟国である米国を名指しして批判したのだ。二国間会談で第三国を直接批判することは異例で、中国は韓国と米国を仲違いさせようとしているようだ。

    キム・ウンジュン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2022/12/13 08:00
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/12/13/2022121380002.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国外相と会談した中国外相が米IRAを批判「米国はルールの破壊者」[12/13] [仮面ウニダー★]

    【完全に韓国あっち側にいっちゃったね!!【朝鮮日報】韓国外相と会談した中国外相が米IRAを批判「米国はルールの破壊者」[12/13] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/13(火) 08:04:24.50 ID:7BcdTgnt
    世界で中国の影響力が最も大きく及ぶ国はどこだろうか。韓国内で中国の影響力が最も大きい分野は何だろうか。このような疑問を解消する研究結果が公開された。台湾の非営利団体「台湾民主実験室(Double Think Labs・DTL)」が最近発表した「チャイナ・インデックス(中国の影響力指数)2022」だ。

    チャイナ・インデックスとは、中国が政治・経済的な影響力を利用して世界各国に浸透している状況を指数化したものだ。今年初めての調査でDTLは全世界82カ国を対象にした。

    調査期間は昨年3月から今年3月までで、82カ国の政治、経済、軍事、法、外交、学術、メディア、社会、技術など計9分野に及ぼす中国の影響を調査した。各分野は11指標に細分化し、評価点数を全て合算して国別総点を算出した。調査はアンケート方式で行われ、DTLの各国パートナー機関や学者、専門家、ジャーナリスト、シンクタンクおよび市民社会団体の研究員が回答した。

    調査結果、中国の影響力が最も大きく及ぶ国はパキスタンだった。パキスタンは中国が展開する「一帯一路(陸上・海上シルクロード)」事業の核心協力国家だ。この10年間、中国はパキスタンにインフラ投資などのために数千億ドル規模の投資を進めてきた。

    中国とパキスタンはパキスタンのグワダル港と中国の新疆ウイグル自治区の間の2800キロ区間に鉄道とパイプラインを建設する「中国・パキスタン経済回廊(CPEC)」事業も共同で推進中だ。ラジオ・フリー・ヨーロッパ(RFE・RL)は「調査結果では特にパキスタンの軍事関係、技術および外交政策のような分野で最近中国の影響力が急速に増えている」と伝えた。中国は最近、インドが米国主導の中国に対するけん制協議体「クアッド」(Quad)に参加すると、インドと敵対関係にあるパキスタンとの軍事協力を強化している。

    地域別には、東南アジアで中国の影響が最も大きかった。カンボジア(2位)、シンガポール(3位)、タイ(4位)、フィリピン(7位)、マレーシア(10位)などが上位だった。南米やアフリカ大陸でも中国の影響力が大きくなっていた。ペルーや南アフリカ共和国が5位になった。DTLは、ペルーの事例は、米国が油断した隙を狙って中国が中南米で資源狩りに乗り出していることを示していると明らかにした。南アフリカはいわゆる「BRICS(新興経済5カ国)」の一員として、中国と持続的な経済的な友好関係を維持してきた。

    中央アジアでも中国の影響力が目立った。キルギスとタジキスタンが8位と9位を占めた。カザフスタンも15位に上った。RFE・RLは「中央アジア諸国はこの地域で最も大きな影響力を持つロシアが今年2月にウクライナに侵攻して以来、外交関係の多角化に向けて中国との関係改善に取り組んでいる」とし「当初、この地域で中国の影響力は貿易と投資など経済分野に偏っていたが、最近は国防および安全保障、外交分野に拡大している」と伝えた。

    韓国は82カ国のうち13位だった。分野別には、経済領域での影響力が最も高かった。経済分野での中国の影響力は82カ国平均が33.6%だが、韓国は72.7%だった。次に法執行(62.5%)、国内政治(52.3%)、外交(52.3%)、学界(47.7%)などが世界平均より高い数値を見せ、中国の影響から自由ではないことが分かった。反面、社会(18.2%)と軍事(18.2%)分野は世界平均より低かった。

    一方、中国と覇権競争を繰り広げる米国で、中国の影響力は21位だった。学界や国内政治、メディア領域で特に中国の浸透力が大きかった。日本は中国と貿易、観光などで深く関わっているにもかかわらず52位に過ぎなかった。調査対象国のうち、中国の影響力が最も低い国は南米のパラグアイだった。

    DTLの呉銘軒・共同理事長はRFE・RLに対し、「チャイナ・インデックス調査は、中国の影響力が及ぼす様々な側面と実際にはどのような形となっているかについて全世界の認識を高めるためのものだ」とし、「調査を通じて中国が世界各国に圧力をかける様々な方法について理解できると思う」と述べた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/298712

    引用元: ・【中央日報】「世界で中国の影響力が最も大きく及ぶ国は」韓国は13位…パキスタン1位、日本52位 [12/13] [昆虫図鑑★]

    【一位目指せよ 【中央日報】「世界で中国の影響力が最も大きく及ぶ国は」韓国は13位…パキスタン1位、日本52位 [12/13] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/11(日) 09:56:57.00 ID:69dWh8uY
    新冷戦が地球に影を落としている。米国と米国の同盟国がひとつの軸に、中国とロシアがまた別の軸にある対決構造が新冷戦だ。数年前までは「新冷戦」という単語を出せば「話にならない」という評価を受けた。中国とロシアは同じ権威主義体制で、米国中心の秩序に反対しているが、野心が大きい両国が組んでひとつの軸にはならないだろうと予想したからだ。

    しかし状況は変わった。軍事同盟までではないが、両国は軍事的に近づいている。先月30日に中国とロシアの戦略爆撃機は韓国の防空識別区域(KADIZ)と日本の防空識別区域(JADIZ)で合同編隊哨戒飛行をしたのに続き、相手方の基地に互いに着陸する訓練までしたのが代表的事例だ。中国とロシアの戦略爆撃機が互いの基地に着陸したのは今回が初めてだ。

    戦略爆撃機は核攻撃ができる。韓国と日本、そして両国にある米軍基地を威嚇するのが今回の合同訓練の目的だ。また、核戦争力のひとつなので戦略爆撃機の性能は軍事機密だ。それでもロシアの戦略爆撃機が中国の基地に、中国の戦略爆撃機がロシアの基地に着陸したのはすでに両国が軍事分野において一定レベルの信頼を蓄積したという証拠だ。

    空軍だけでない。中国とロシアの海軍は合同海上訓練をしばしば行っている。9月3日には両国の軍艦6隻が北海道の神威岬の西側190キロメートルの海上で射撃訓練をした後、北海道とサハリンの間にある宗谷海峡を通過してオホーツク海に進入した。

    中国とロシアの海軍は昨年10月に海上合同演習で軍艦5隻ずつ10隻を動員し1週間にわたり日本列島周辺を半周した。

    中国はロシアが毎年開くボストーク演習に参加している。今年は初めて陸海空軍の装備と兵力を送った。9月3日の射撃訓練もボストーク演習の一環だった。

    このように両国が関係を固めれば同盟につながる可能性はますます大きくなるだろう。ロシアのプーチン大統領は2020年10月のバルダイ・クラブのオンラインカンファレンスで「われわれは中国との同盟は必要ではないが、理論上ではかなり考える可能性がある。時間が過ぎてどのように発展するのか見ることになるだろう。それ(同盟)を排除はしない」と話した。

    プーチン大統領の本心は、すぐではないが必要ならば同盟を結ぶことができるという点で習近平中国国家主席と大きく異ならないだろう。そしてロシアがウクライナとの戦争で軍事的には引き分けるが政治的に敗北しさえすれば、中国とロシアは同盟カードを手にするだろう。ロシアが萎縮する場合に生じる力の空白に米国が割って入ってくるかもしれず同盟で隙間を埋めなければならないという戦略的判断を下すこともあり得る。

    問題は「中国ロシア同盟」が現実になるならばその触手が最初に韓半島(朝鮮半島)に伸びる懸念が大きいという点だ。韓半島は中国とロシアの利害関係が共通して重なっており、両国がともに太平洋に進む時に最初に超えなければならない場所であるためだ。実際に中国とロシアが2019年7月23日に初めての合同編隊哨戒飛行をした時にロシアの空中早期警報機であるA50が独島(ドクト、日本名・竹島)領空を2度侵犯した。

    ロシアはその後一度も公式な謝罪をしておらず、両国は合同編隊哨戒飛行を継続している。

    韓国はいまからでも準備をしっかりとしなければならない。

    中央日報/中央日報日本語版2022.12.11 09:36
    https://japanese.joins.com/JArticle/298649

    引用元: ・【中央日報】話にもならなかった「中ロ同盟」…手を組めば韓国に大きな脅威[12/11] [仮面ウニダー★]

    【また属国になれるチャンスじゃん 【中央日報】話にもならなかった「中ロ同盟」…手を組めば韓国に大きな脅威[12/11] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    このページのトップヘ