まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 外交

    1: 動物園φ ★ 2019/02/17(日) 16:26:41.38 ID:CAP_USER
    2019年02月17日13時14分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    2回目の米朝首脳会談を控え米国内で懸念まじりの声が出ている。有力日刊紙ワシントンポストは14日、コラムニストのジョシュ・ローギン氏の文を通じ「北朝鮮の実質的な約束がない状態での経済制裁緩和は『誤判』になるだろう」と強く批判した。

    ローギン氏は、「議会が文大統領とトランプ大統領に北朝鮮について警告する」という題名のコラムで、トランプ大統領の対北朝鮮交渉方式を非難した。トランプ大統領だけでなく文大統領までまとめて非難した。

    ローギン氏はトランプ政権が韓国の文在寅政権の誤った助言に従っていると主張した。ローギン氏は「韓国は性急に北朝鮮の経済制裁緩和を助けようとしている。トランプ政権がソウルの誤った助言の道に従っていく危険を冒している」とした。

    その上で「トランプ大統領が繰り返さないとしていた過去の失敗と似たパターンに進んでいる。北朝鮮の金正恩委員長は核を放棄するという実質的行動を取らずにいるため」と指摘した。

    ローギン氏は「北朝鮮をあおってようやく得たものは終わりも見えず不透明な軍縮交渉。韓国が北朝鮮と経済協力を始めて米国の圧力の効果がなくなれば北朝鮮の非核化動力は失われる。ある人たちはウィンストン・チャーチルの言葉を引用し『長時間の交渉が戦争よりは良い』というが、こうしたことではややもすると北朝鮮を非核化できる最後の機会を逃しかねない」と批判した。

    また、「トランプ政権が目標を非核化から軍備統制に変えたとするならばいっそ率直に明らかにするのが米議会と国民にもっと説得力がある」と強調した。

    ローギン氏は共和党のテッド・クルーズ上院議員と民主党のロバート・メネンデス上院議員がポンペオ国務長官宛てに送った書簡の一部も公開した。

    クルーズ議員は「北朝鮮は米国と韓国の間を広げる方法を探している」と懸念する。また「米議会は最近文大統領のさまざまな動きを懸念している。特に北朝鮮内の産業団地を再開しようとする動きと経済制裁緩和のため欧州を説得する動きだ」と伝えた。

    書簡には「北朝鮮制裁は国連の決議案と米国の法律により施行されるものだが、韓国政府の(北朝鮮制裁緩和の)動きは法に抵触しないと確信できない」という内容も入れられた。

    https://japanese.joins.com/article/310/250310.html?servcode=A00&sectcode=A20

    引用元: ・【国際】ワシントンポスト「トランプ大統領が文大統領の誤った助言に従うのは危険」

    【これ以上は擁護できない感じ【国際】ワシントンポスト「トランプ大統領が文大統領の誤った助言に従うのは危険」 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/16(土) 09:31:28.13 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 韓国の文喜相国会議長(聯合=共同)

    韓国の国会議長が米メディアとのインタビューで慰安婦問題に触れ、天皇陛下の謝罪を要求したことが問題になっている。本人は持論だといって居直っているが、韓国メディアによると彼はインタビューで天皇陛下について「戦犯の主犯の息子」と述べたという。
     
    公的人物の対外関係に関する公的発言としてはこれはないだろう。反日団体の反日活動家がアジ演説で使う類いの表現である。持論であれ、国会議員を長くやった一国の国会議長が使う言葉ではない。公人としての資質と品格が疑われる。日本を相手には何を言ってもいいという「反日無罪」の無責任心理が、このレベルにまで広がっているという“症例”である。

    天皇陛下について韓国では以前から、古代史に関し天皇家と百済王家の「ゆかり」に触れられた発言などもあって“親韓派”という印象がある。また過去の戦争への痛みと平和の祈りのお姿は好感を持たれてきた。それだけに今回の“妄言”に韓国の知日派たちは舌打ちしている。
     
    今回も韓国お得意の「告げ口外交」というわけだ。それにしても戦争した日米は仲良くしているのに、戦争相手でなかった韓国が「戦犯うんぬん」といって、米国にやってきて日本に威張っている(?)姿は相手した米国人も不思議だっただろう。(黒田勝弘)

    ソース:産経新聞
    https://www.sankei.com/column/news/190216/clm1902160003-n1.html

    引用元: ・【ソウルからヨボセヨ】 韓国・告げ口外交の錯覚[02/16]

    【上から下まで全部が反日【ソウルからヨボセヨ】 韓国・告げ口外交の錯覚[02/16] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/08(金) 19:45:04.53 ID:CAP_USER
    韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は8日、北朝鮮の非核化を巡り、米国と北朝鮮との間で「なんらかの妥協が必要だ」と述べた。北朝鮮が寧辺(ニョンビョン)の核施設を不可逆的に解体した場合は「制裁の一部解除の条件になるのではないか」として、段階的な対応の必要性に言及した。

    文正仁氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近で、外交ブレーンを務める。文正仁氏は都内で講演し、米朝間では「非核化の定義について理解の差がある」と指摘した。米国が求める北朝鮮の核関連の施設の位置や計画の提出については「北朝鮮が受け入れられない」と語った。

    非核化の交渉には米朝間の「信頼醸成がなければならない」とも指摘。2月27、28日にベトナムで開催を予定する2回目の首脳会談では、北朝鮮がかねて求めている「終戦宣言を議題にのせてほしい」と述べた。

    北朝鮮は2018年9月の南北首脳会談後に、条件付きで寧辺の核施設廃棄の用意を表明している。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4108093008022019FF8000/
    日本経済新聞 2019/2/8 18:51

    https://i.imgur.com/F6Qejyx.jpg
    8日、都内で講演する韓国の文正仁大統領統一外交安保特別補佐官

    引用元: ・【韓国の文補佐官】「段階的制裁解除も」北朝鮮非核化巡り[2/8]

    【じゃあ韓国に経済制裁発動だな【韓国の文補佐官】「段階的制裁解除も」北朝鮮非核化巡り[2/8] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/06(水) 03:35:53.05 ID:CAP_USER
    『統一韓国を現わす巨大な図版や、6.25(朝鮮戦争)で犠牲になった参戦勇士を称える象徴物を目にすると思っていた。しかし、代わりに目に入って来たのは巨大な独島(トクド)の写真だった。韓国と日本の領有権紛争の中心にある島である」(おいこら)

    国際戦略研究所(IISS)のアレックス・ニール研究員が大韓民国の国防部庁舎を訪問した。その時に出くわした光景に対する描写である。驚きを超えて当惑したというのが彼の隠しきれない表現である。

    北韓(北朝鮮)の核の脅威が高まり続けている。そして腕力を誇る中国はさらに大きな脅威である。その北東アジアで韓国と日本は市場経済を追求する自由民主主義体制である。共にアメリカの同盟国である。そのため期待する事はより緊密な2か国間の安保協力である。

    ところが韓国の国防部で目撃したのは、日本との一戦を辞さないという臨戦態勢の雰囲気である。文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめとする政治リーダーシップは公然と、『抗日意志』を燃やしている。・・・・・。 大韓民国の主敵は北朝鮮ではなく、日本になったという事だろうか。

    野戦ジャンパーを着て隷下部隊を訪問して、日本が挑発すれば強力対応するという韓国国防部長官の姿もそうである。その言葉は、『大韓民国の主敵(日本)』との『交戦不辞』と映るのである。

    韓国の久しい友邦だった日本が背を向けている。時期が来れば政治的便宜(?)によって発生していた過去史(歴史)紛争のレベルではない。軍事安保関係さえも揺らぎ、両国の軍事関係は今やレッドライン(red line)に立っている危険な状態である。一歩前に出れば戻る事ができない状況である。

    いつから始まったのだろう。昨年末に東海(トンヘ=日本海)で低空飛行した日本の海上自衛隊哨戒機に対し、韓国海軍の駆逐艦である広開土大王艦(クァンゲトデワンハム)が射撃統制用レーダー波を放った。日本は韓国駆逐艦が自国の哨戒機を威嚇したと主張、韓国は否認した。結局、真実ゲームに入ったが、究明は容易でなかった。

    実際に以前は特に問題でもなかった(おいこら)。そのような偶然の単純事件がこのように大きくなったその水面下では、さらに大きな要因が潜伏している。その要因を韓国はこのような形で解釈している。「日本の指導者が国内の政治的目的のため、自国民の反韓感情を刺激して利用しようとしている」。間違った指摘ではないようである。「韓国を犠牲(生贄)にして軍備増強の名分を確保したい」、「哨戒機問題の背景には安倍総理の宿願である改憲問題がかかっている」などの言葉が日本からも出ているからである。

    しかし、彼よりも根本的な原因は、文在寅政権のマイウェイ式安保政策と意図的な反日感情の助長から見いだせるというのが観測筋の指摘である。

    「韓国社会にはただでさえ反日情緒が蔓延している。そのような場所に文在寅政権は、その反日感情を刺激するピョピュリジュム(ポピュリズム)戦略を駆使してきた。その結果と見られる」。アメリカの国際問題専門家であるダニエル・ピンクストン(Daniel Pinkston)の言葉である。

    経済は火の車である。微細粉塵で環境安保も危機に直面している。これと共に文在寅大統領の支持率は下がり続けている。その打開策として文在寅政権は反日感情を煽り立て、日本を贖罪羊(スケープゴート)にしているのである。問題はこれは近視眼的な上に、韓国の国家の理解には全く役立たないというが数多くの説明である。

    亜洲(アジュ)大学校の国防問題専門家であるヤン・ウク教授も同じ指摘をしている。国内の支持率を上げるために日本問題を利用しているというのである。言い換えれば、日本を大韓民国の生存を脅かす存在であるかのような『敵作り』に没頭しているという事である。

    ソース:米州韓国日報(韓国語)
    http://www.koreatimes.com/article/1229177

    (前スレ)
    【韓国】『孤立加速』=韓国政府の外交[02/05]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549335766/
    ★1投稿日:2019/02/05(火) 12:02:46.33

    >>2に続く

    引用元: ・【韓国】『孤立加速』=韓国政府の外交[02/05]

    【行き着くところまで行くしかない【韓国】『孤立加速』=韓国政府の外交[02/05] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/01/21(月) 19:26:35.65 ID:CAP_USER
    記事入力2019-01-21 15:29

    中国政府が「中国発スモッグが韓国に影響を与える」という主張に反論し、韓国は中国のせいにしないで自分たちの微細粉塵の管理に力を入れるよう提言した。

    リュウ・ビンジャン中国生態環境部大気局局長は21日、月例ブリーフィングで「自分に影響を与えると盲目的に他人のせいするだけでは、微細粉塵を減らす絶好の機会を逃すだろう」と述べた。

    これは、中国環境部が先月「ソウルの微細粉塵は主にソウルで排出されたもの」と主張したのに続き、「韓国で微細粉塵がひどくなったのは中国の影響が大きい」という
    韓国のマスコミ報道と世論に対して連続的に指摘したものである。

    no title


    https://news.nate.com/view/20190121n34369

    引用元: ・【国際】中国政府「韓国はPM2.5を他人のせいにするな」

    【いつもいつも人のせいにしてるから 【国際】中国政府「韓国はPM2.5を他人のせいにするな」 】の続きを読む

    このページのトップヘ