まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 反日

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/12(木) 13:31:46.48 ID:CAP_USER
    1905年11月20日の皇城新聞に掲載された「是日也放声大哭」と国権を失った悲しみを吐露した張志淵(チャン・ジヨン)。[中央フォト]
    no title



    立冬が過ぎた。冬に入る時期だ。冷たい風に落ち葉が飛ばされる。落ちていく葉の痛みと残された枝の寂しさ。11月は一年の中で冬の入り口だ。同時に一時代の冬の入り口でもある。

    大韓帝国の冬は11月に始まった。1905年11月18日0時ごろ、慶運宮の夜空は乙巳勒約の現場を見守った。日本の特使の伊藤博文は韓国政府に韓国外交権日本委託条約案を強要した。ついに衝撃的な勒約の話が広まった。

    人心は怒った。五賊の処罰と勒約の取り消しを要求する上訴が続いた。皇城新聞11月20日の論説「是日也放声大哭」は抗日言論に火をつけた。

    論説は激しかった。「四千里の領土と五百年の宗社を他人に奉献し、二千万の民を他人の奴隷にする、犬豚にも劣る」韓国の大臣を糾弾した。

    「我々の二千万の奴隷になった同胞よ、生きているのか死んでしまったのか、檀紀以来四千年、国民の精神が一夜にして突然滅亡してしまったのか」と悲しんだ。

    論説は「痛哉、痛哉、同胞、同胞」と叫んで終わった。

    ◆「是日也放声大哭」の絶叫、今でも悲痛

    皇城新聞が閉鎖されると、大韓毎日申報が闘争を続けた。皇城新聞に掲載された勒約の顛末に関する記事を入手して22日から25日まで連載し、27日にはこの事件の顛末を整理して号外を出し、勒約が不当であることを布告した。

    号外はそれぞれ「韓日新条約請諦顛末」という漢字の記事と、「THE MAKING OF A TREATY AND THE PASSING OF AN EMPIRE」(条約締結と帝国滅亡)という英語の記事だが、勒約の顛末に関する内容だった。

    「是日也放声大哭」を英語で鑑賞したい人はこの号外を読めばよい。

    ここで少し条約締結顛末の記事を見てみよう。11月11日に親書を奉呈した伊藤は、15日に高宗(コジョン)を謁見し、16日に韓国の大臣らを招請して3つの条項の条約案締結を要求した。

    韓国外部(外務部)の廃止、韓国外交権の日本委託、駐韓日本公使の統監改称が主な内容だった。17日に駐韓日本公使の林権助は韓国政府の大臣を招請し、同じ要求を繰り返した。

    林は御前会議の開会を要求したが、参政大臣の韓圭ソル(ハン・ギュソル)は政府会議で決める問題であり御前会議は必要ないと拒否した。

    林はすぐに慶運宮に直行して大臣らに御前会議の開会を要求し、まもなく日本軍が宮廷に乱入して高宗(コジョン)の居所がある漱玉軒に進撃して銃剣で包囲した。

    続いて現場に到着した伊藤は御前会議を要求したが、参政大臣の韓圭ソルは応じず、高宗も必要ないから大臣と協議すべきとして拒否すると、その場で議論し、条約案に関する文言修正と大臣一人一人の意見を受けた。韓国外部に日本軍を送り、官印を強奪して条約を調印した。

    顛末を読んでみると、疑問が生じる。この日、政府会議は開かれたのだろうか。強圧的な雰囲気だったが、とにかく政府会議を通じて条約案の可否が決定されたのか。しかし政府会議が開かれたという証拠はない。

    甲午改革期間の「内閣官制」もそうだったが、大韓帝国期の「議政府(ウィジョンブ)官制」によると、国際条約は議政府会議を通すと明示されている。乙巳勒約の場合、16日に日本公使館から韓国外部に条約の提案が入ってきたが、議政府会議は開かれなかった。

    議政府会議とは何か。「議政府会議規定」には具体的な会議手続きが記録されている。首席大臣が開会を宣言すれば、主務大臣の議案説明と討論を経て、各大臣が可否標題を終え、首席大臣がこれを集めて多数意見に基づき自らの意見の標題を終え、閉会を宣言する。

    首席大臣と主務大臣が署名した上奏案(政府原案+討論記録+可否標題)は、御押と御璽で皇帝の裁可を受けて官報に頒布される。

    中央日報日本語版 2020.11.12 12:10
    https://japanese.joins.com/JArticle/272219

    引用元: ・【中央日報】 115年前の日本の大韓帝国外交権剥奪が無効である理由 [11/12] [荒波φ★]

    【元から主権も外交も出来てねえだろ 【中央日報】 115年前の日本の大韓帝国外交権剥奪が無効である理由 [11/12] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/09(月) 00:21:23.83 ID:CAP_USER
    no title

    ▲4日、コミュニティ宝ドリームにアップされた写真。書いた人はユニクロを利用する市民を「犬豚」と批判し、この掲示物は2万回の照会数を記録するなど大きな反応を受けた./インターネット キャプチャー

    今月4日、ネットコミュニティ宝ドリームに「両足で歩く豚」というタイトルの写真一枚アップされた。ユニクロの売り場で精算のために並んだ市民を取った写真だった。書いた人はこの写真の下に「(ジョージ・オーウェルの)小説・動物農場が思い出される。このような犬豚らと隣近所に住んでいるとは」と批判した。

    日本製品不買運動に参加しない市民を「犬・豚」に例えて批判したのだ。コメントはもっとひどかった。「イルボンノム(日本奴、日本人の蔑称)にひざまずかされて首を切られてから後悔するだろう」「日本に消えろ」とあった。

    これらは日本の履き物売り場ABCマートを「アベ・シX・マート」(訳注:Xは伏せ字で、シX=シッパル=クソ)、日本式料理店は「倭寇家」と呼び、聖域がない日帝不買運動を続けなければなければならないと注文した。

    一部ネチズンは「(一般市民の)写真まで取って共有するのはひどい」と反論した。しかし、会員たちは「猿(の様な)考え」「虫けら」として握りつぶした。依然として日本製に対する市民の反感の方が強かった。

    しかし、別のネット コミュニティで同じ写真に対する反応はくっきり分かれた。コミュニティ「エペムコリア」では「あの文を書くのに使ったスマホにも日本の部品が入っているはずなのに」「反日扇動に移ったのがむしろ犬豚」、コミュニティ「エムエルビーパーク」では「小説・動物農場が批判したのは全体主義的思考なのに、小説を読んだこともないのか」という批判が出た。「私はユニクロより慰安婦ハルモニの財物を奪い取った人たちにさらに怒りが込み上げる」として正義連など市民団体を批判する者もいた。

    昨年7月、日本発貿易規制に対する反発で日本製品不買運動が始まって1年が過ぎた。ユニクロ、朝日ビールなどに代表される日本製品不買運動は全国的な支持を得たが、1年を越えたこの期に及んで不買運動に対する評価が極端に分かれている。

    「日本に韓国国民の結集力を見せた成功した運動だった」という肯定評価と「現実性なしで国民的反日感情だけに寄り添った政府・与党の大衆扇動に過ぎなかった」という批判が共存している。

    ユニクロや日本産ビールなどを対象にした日本製消費財に限定すれば不買運動の効果は明確にあった。業界では過去1年間、ユニクロは数百億ウォンに達する赤字だったと推定している。(中略)
    しかし、同じ期間に国内で日本ゲーム「どうぶつの森」が熱風を起こしたし、日本プレミアム ブランド「コムデギャルソン」「オニヅカタイガー」等は不買運動の余波を避けた。レクサス、トヨタは過去3ヶ月間の国内販売台数が前年比それぞれ49%、13%増加するなど不買運動が1年以上持続しながら日本企業の国内販売実績が高級消費制から徐々に回復傾向を見せている。

    不買運動の動力が弱くなった理由は選挙の時節を控えて「反日」感情を刺激した政府が選挙後は状況が何も変わっていないにも関わらず「共生・協力」を強調するなど態度を変えたため、という分析もある。

    「再び日本に負けない」として反日感情を主導したムン・ジェイン大統領は日本スガ総理就任後「いつでも向かい合って座って対話して疎通する準備ができている」として日本に対話ジェスチャを送ったし、去る9月にはムン大統領とスガ総理の電話通話があった。パク・チウォン国家情報院長もやはり最近、訪日日程を調整するなど関係改善のための水面下作業が進行していると伝えられた。

    ウォン・ウシク記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語)“ユニクロに列を成した犬豚” “反日扇動がさらに犬豚”不買1年の二つの表情
    https://www.chosun.com/national/national_general/2020/11/08/BTVSHOUSWZBKXNQQOFVRJWB5PA/

    引用元: ・【韓国】 「ユニクロに列を成す犬豚」「そういう反日扇動の方が犬豚」~日本製不買1年の二つの表情[11/08] [蚯蚓φ★]

    【犬豚に失礼だろ? 【韓国】 「ユニクロに列を成す犬豚」「そういう反日扇動の方が犬豚」~日本製不買1年の二つの表情[11/08] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/08(日) 20:33:14.21 ID:CAP_USER
    韓国が日本企業の在韓資産を現金化した場合の日本の対応、それは如何なるものかを今までの解説記事で予測してきた。今回は「日本国と大韓民国との間の紛争の解決に関する交換公文」の無効化・空洞化が招く日本の対抗措置・制裁とは何かを解説したい。

     韓国が半島出身の“徴用工”または“募集工”への慰謝料・賠償金の為に日本製鉄など日本企業の在韓資産を現金化を進めている。これが実現した場合、日本は「日韓請求権並びに経済協力協定」違反行為と見なす事となる。

     「日韓基本条約本文及びその付属協定・交換公文」と言うパッケージの一体性を維持するため、「ビュッフェ式」や「摘み食い」解釈を容認しない為である。つまり、日本も同様に「日韓基本条約本文及びその付属協定・交換公文」に制約されず、対抗措置・制裁を取り得る事は今まで指摘した通りだ。

     従って、「日本国と大韓民国との間の紛争の解決に関する交換公文」に日本が拘束されなくなる事が想定できる。日本が対韓対抗措置・制裁を取る場合について考えてみよう。

     1965年の交換公文では、両国の紛争について、まず当事国(韓国と日本)の間で解決に向け協議し、出来なかった場合に両国の合意する「第三国」の調停で解決を図るとしたものだ。なお「第三国」とは日韓国交交渉の“陰の主役”にして、促進役を担った米国を前提としていた。

     国交成立後に生じた「両国の紛争」だが、両国が「紛争」として認識しているか否か、協議対象とするか如何かの解釈の余地が有った所為で、竹島・トクド(独島)の領有権とその周辺水域の問題等は韓国の不同意によって、協議も第三国の調停も実現できなかった。

     日本としては冷戦中も冷戦後も一貫して、米国の日米韓の三国の安保政策と体制を維持する事を優先視して、あえて協議も、第三国調停も強要して来なかった。

     しかし、今回の日本企業の在韓資産問題を契機に、1965年の「交換公文」に束縛されないのであれば、日本側が認識するあらゆる「紛争」について、まずは協議を求め、韓国が拒否した場合は即刻、「第三国の調停」を執拗に求める事で、韓国への外交的な圧力をかけることが可能になるだろう。

     更に一歩進めて、「協議」や「第三国の調停」以外でも、「国際機関(就中、国際司法裁判所)」や国際社会に対して、韓国の国際法違法行為や現状を訴え、提訴を選択肢とする事も出来るはずだ。

     事実、「協議」や「第三国の調停」に韓国が応じず、日本産の水産物への韓国の“科学的”または“非科学的”な輸入規制が敗訴こそしてしまったものの、WTOに提訴された前例もある。

     問題になっている日本企業の在韓資産に対する差し押さえと現金化のような「日韓請求権並びに経済協力協定」や「サンフランシスコ講和条約」等で定められた無賠償と請求権相殺と言った原則への挑戦には、日本が即刻「第三国の調停」を執拗に求めるはずだ。

     一定期日までに韓国が応じない場合は即時「国際機関」や国際社会に対して訴えて行く事も日本の選択肢として可能になる。また竹島・トクド(独島)の領有権とその周辺水域の問題、漁業協定などもその関連問題と同じになる。

     なお長年、韓国は対日紛争の解決について、「協議」や「第三国の調停」は勿論、「国際機関」での問題解決に消極的であった。それは両国間の国力の格差、第三国(米国)が日韓間で究極的選択を迫られた場合は「桂・タフト協定」(1905年)の如く、日本を選択して韓国を切り捨てるに違いないとする、一種の「被害者意識」に囚われて来たからだ。韓国の全ての歴史教科書には「桂・タフト”密約”」と記述されていることがそれを物語る。

     また「国際機関」でも、長年に渡り小和田恆氏(日本皇后の実父)を始めとした日本人が国際司法裁判所等の高官の地位を占めている。従って日本に有利な裁定を下すに違いないとする認識もあった。故に、全く信頼出来ず、勝てる見込みが無いとして、忌避して来たことも事実である。

     逆を言えば、パン・ギムン(潘基文)氏の国連事務総長選出を始め、昨今のユ・ミョンヒ(兪明希)氏のWTO事務総長選出運動に至るまで、韓国が挙国的に全力を尽してきたのは、国際機関の高官の地位を韓国人で占めるまでは臥薪嘗胆したことである。日本の外交圧力をかわし、いずれ日本に国際機関での裁定や判決等において勝つ為だとしているのだ。

    (続く)

    WoW!Korea 11/8(日) 19:41
    Copyrights(C)wowkorea.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b5c10af58b1c8e569bd236a33cb1c381abb9400

    (画像提供:wowkorea)
    no title

    引用元: ・【WoW!Korea】「第三国の調停」とは?韓国が日本企業の在韓資産を現金化した場合、副作用が大きいので全額補填の密約を結んだ [11/08] [新種のホケモン★]

    【そんな軽いわけないだろ【WoW!Korea】「第三国の調停」とは?韓国が日本企業の在韓資産を現金化した場合、副作用が大きいので全額補填の密約を結んだ [11/08] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/11(水) 01:08:15.09 ID:CAP_USER
    no title

    ▲共に民主党キム・ジンピョ議員/写真=ホン・ポンジン記者

    韓日議員連盟会長である金振杓(キム・ジンピョ)共に民主党議員が12日、連盟所属議員らと日本を訪れる。8日から日本を訪問中の朴智元(パク・チウォン)国家情報院長に続き主要政治家が訪日しながら両国関係に変化があるかも注目される。

    キム議員は日本報道機関とインタビューで日本政府の「真摯な謝罪」が解決法であることを強調した。

    朝日新聞は9~10日、キム・ジンピョ議員とのインタビュー内容を公開した。報道によればキム議員は韓日関係を解かなければならないと言い、来年、東京オリンピックを関係改善の契機にしたいという意思を表わした。
    キム議員は「過去の歴史のために両国の若者と未来世代が足をとられてはならない」とも話した。

    問題解決策としては両国の「政治的決断」を提示しながらも傷を治癒する「謝罪」がなければならないと言った。
    キム議員は強制徴用賠償判決に関連して「司法判断に介入すれば混乱が生じる」として「政治的決断が必要だ。経済問題(日本の輸出規制)等が含まれたパッケージ方式で解決したい」と明らかにした。日本側に様々な方案を提示したとしながらも、具体的な内容は公開しなかった。

    また、キム議員は「私たちが願うのは韓国国民が受けた精神的傷に対する謝罪」としながら賠償が核心問題ではないとの意向を見せ、「日本の政治指導者の真摯な謝罪を望む」と強調した。
    2015年の慰安婦合意については問題をお金で解決しようとしたと指摘した。

    先月6日、韓日議員連盟会長に選出されたキム・ジンピョ議員は来る12日、就任後初めて日本を訪問する。額賀福志郎・日韓議員連盟会長、二階俊博・自民党幹事長、公明党・山口那津男代表などに会う予定だ。

    キム議員に先立ちパク・チウォン国家情報院長は去る8日から日本を訪問して主要人物らと両国問題を議論し、現地メディアは10日、パク院長が菅義偉・日本総理に会うと報道した。

    キム・ジュドン記者

    ソース:マネートゥデイ(韓国語)パク・チウォン引き続き日行くキム・ジンピョ"指導者の真剣な謝罪望んで"
    https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2020111016412313497

    関連記事:朝日新聞<反日と嫌韓「政治利用の誘惑から脱せよ」 韓日議連会長>
    https://www.asahi.com/articles/ASNC95HTDNC9UHBI02Q.html?iref=comtop_International_02

    引用元: ・【日韓】 「指導者の真摯な謝罪」が解決法~キム・ジンピョ韓日議員連盟会長、訪日[11/10] [蚯蚓φ★]

    【馬鹿の一つ覚えだな 【日韓】 「指導者の真摯な謝罪」が解決法~キム・ジンピョ韓日議員連盟会長、訪日[11/10] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/05(木) 08:17:49.07 ID:CAP_USER
    2020年11月2日、韓国・中央日報は「恥ずかしい韓国のプラスチックごみ」と題し、「韓国で捨てられる1人当たりのプラスチックごみの量は、米国、英国に次いで世界で3番目に多い」と伝えた。

    記事によると、2016年基準で韓国の1人当たりのプラスチックごみ発生量は88キロだった。米国の機関などによる合同研究チームが、世界銀行による217カ国のごみ発生データを分析したもので、1位の米国が105キロ、2位の英国が99キロ。

    4位以下はドイツ(81キロ)、タイ(70キロ)、マレーシア(67キロ)、アルゼンチン(61キロ)、ロシア(59キロ)、イタリア(56キロ)、ブラジル(52キロ)となった。

    韓国のプラスチックごみ発生量は451万トンで、13番目に多かった。ただ、ごみ全体にプラスチックごみが占める割合は24.3%で、ごみ発生量上位20カ国のうち最も高かった。英国が20.2%、タイが17.6%と後に続いたという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは

    「海に漂うプラスチックごみに文句をつけていたら、まさか自分たちが世界3位だったとは」
    「消費者のせいばかりにせず、企業が動くべきだ」
    「企業の過剰包装の規制をすべきだと思う」
    「韓国は自然保護と環境対策が必要だ」

    など、反省の声が寄せられている。一方で、

    「中国を差し置いて韓国が3位?」
    「中国が入ってないから信用できない資料だ」
    「中国の名前が入ってないことがもっと驚きだ」
    「日本も入ってないよ」

    とデータの信ぴょう性を疑う声も多く見られた。また

    「韓国がごみの分別をしっかりやっている、ってことじゃないの」
    「分別なら日本人の方が上手でしょ」

    といったやりとりも見られた。


    2020年11月5日(木) 7時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b849605-s0-c30-d0144.html

    引用元: ・【韓国】 1人当たりプラごみ量が世界3位に=韓国ネット「中国の名前が入ってない」「日本も入ってない」 信ぴょう性を疑う声も[11/05] [荒波φ★]

    【日本海に海洋投棄するのやめろ! 【韓国】 1人当たりプラごみ量が世界3位に=韓国ネット「中国の名前が入ってない」「日本も入ってない」 信ぴょう性を疑う声も[11/05] [荒波φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ