まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 経済

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/10(日) 12:37:41.13 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    自動車販売、10年ぶりに最低...輸出も「緊張」
    記事入力2019.11.10

    [アンカー]
    今年、韓国の自動車販売の世界金融危機以降、10年ぶりに最も少ないことがわかった。

    こうした中、米国が輸入車に高い関税をつけるかを決定することにした期限が三日後に迫り、関心が集まっています。

    取材記者接続します。 チェ・アヨン記者!

    今年に入って韓国の自動車販売、10年ぶりに最も少なかったが、昨年よりどのくらい減ったのですか?

    [記者]
    韓国自動車産業協会が公開した内容をアップ。

    今年に入って10月まで、韓国の自動車メーカーの国内外の販売量はすべて324万2千台と集計された。

    前年同期比0.7%減のでしょう。

    279万台売れた2009年の世界金融危機以降、10年ぶりに最も不振ですが。

    特に輸出は198万6千台、1年前に比べて0.3%減少し、10年ぶりに最も少なく、

    国内販売も1.2%減少し、3年目減少が続いています。

    このように、輸出と国内販売の両方鈍化し、今年400万台の販売もめくり容易ではない見通しが出てきます。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D052%26aid%3D0001363937 ate%3D20191110%26type%3D2%26rankingSeq%3D2%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhjPAigulcbTdrPl2liCZSCvaweagw

    引用元: ・【ムンジェノサイド】自動車販売、過去10年で最低

    【もう死んでるなぁ 【ムンジェノサイド】自動車販売、過去10年で最低 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/10(日) 21:38:32.42 ID:CAP_USER
    韓国の自動車産業がリーマン・ショック後、最も振るわない。輸出と国内販売がいずれも鈍化し、
    今年は年間生産台数が400万台を割り込む可能性が高まった。

    韓国自動車産業協会によると、韓国完成車メーカーの1~10月の販売台数(輸出と国内販売)は324万2340台で、
    前年同期比0.7%減少した。1~10月としては2009年(278万5914台)以降で最も少ない。

    このままの流れが続く場合、年間販売台数は2015年(456万3507台)から4年連続で減少が続くとみられ、
    400万台達成も容易ではないと予想される

    400万台を達成するには11、12月の2か月間に月平均37万9000台以上を販売しなければならないが、
    1~10月の月平均販売台数は32万4000台にとどまった。

    同期間の輸出台数は198万5632台で、前年同期比0.3%減少し、09年(169万6279台)以降で最低となった。
    ただ、輸出額は354億ドル(約3兆8700億円)で同6.8%増加した。

    国内販売も振るわない。同期間の国内販売台数は125万6708台で、同1.2%減少した。

    販売不振で自動車生産台数はリーマン・ショック後初めて400万台を割り込むとの見通しが出ている。

    1~10月の自動車生産台数は326万6698台で、同0.4%減少した。
    年間400万台を達成するためには年末までに月平均約36万7000台を生産しなければならい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000019-yonh-kr

    引用元: ・【韓国崩壊】自動車生産 輸出と国内が鈍化、リーマン・ショック以降最低に 

    【国内と国外がダメになっただけ 【韓国崩壊】自動車生産 輸出と国内が鈍化、リーマン・ショック以降最低に  】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/24(日) 14:41:51.91 ID:CAP_USER
    日本が韓国に対する3個核心素材の輸出規制措置を断行してから約5ヶ月間、国内の半導体・ディスプレイ業界に生産の躓きが事実上全く無かったことが把握された。

    これは韓日軍事情報保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了の『条件付き延期』決定によって進行される両国通商当局間の対話で韓国側に有利に作用するという分析が出ており、今後交渉の去就が注目されている。

    ただし、日本が今もなお3品目に対する個別審査体制を維持するという立場を明らかにしており、業界の不安はしばらく続く見通しだ。

    24日産業通商資源部や関連業界などによれば、サムスン電子、SKハイニックス、サムスンディスプレイ、LGディスプレイなど4企業は去る7月初め、日本の輸出規制発表以降にこれによる生産の躓きが全く発生しなかったという立場を最近政府に伝えた。

    当初フッ化水素、フッ素ポリイミド、フォトレジストなど3品目の対日依存度が余りにも高くて、輸出規制が2~3ヶ月以上持続した場合は生産ラインの全面中断など『致命傷』を負うだろうという憂慮が大きかったが、結果的には心理的な不安感を除いて『別無神通(大したことがない)』になったわけだ。

    各企業が『Contingency Plan(非常計画)』を通じてこれまで確保していた在庫の生産ライン投入を効率化する一方、これらの品目の輸入チャンネルをヨーロッパなどで多変化して、国産化の努力も並行したのが功を奏したという分析だ。

    特に韓国政府が世界貿易機関(WTO)紛争の手続きに突入して、日本が『不適切な輸出統制』という国際社会の批判から逃れるために部分的にもこれらの品目に対する輸出許可を相次いで出したことも『息の根』を開かせる要因になった。

    サムスン、SK、LGなど複数の業界関係者は「半導体・ディスプレイの4個代表企業の中で日本の輸出規制によって当初予定された生産量を満たすことができなかった所は只の1ヶ所も無いと認識している」として「影響が無かったというよりは、被害が無いように緻密に対応したおかげ」と説明した。

    そして「今年第3四半期と第4四半期の実績に日本の輸出規制による『マイナス要因』は全く無い」と強調した。

    韓国政府の立場では製造業革新のために核心課題の1つとして『素材・部品・装備産業の自立化』を推進する中で日本の今回の輸出規制がむしろ『呼び水』の役割をしたという評価も出ている。

    昨年末に産業部が『2019年新年業務報告』を通じて素材・部品・装備産業の競争力強化を今年の核心政策課題に提示して、当時はこれと言った注目を受けることはなかったが、最近になって汎国民的な関心事として浮上して政策推進に力を受けるようになったというのだ。

    実際、日本の輸出規制を契機に『素材・部品・装備産業競争力強化のための特別措置法』が21日に国会常任委を通過したりもした。

    匿名を要求したある政府関係者は「ある側面では日本にアリガトウと言わなければならないほど」として「意図した事ではないだろうが、韓国の未来製造業の競争力を高めるのに大きく寄与した訳だ」と話した。

    しかし、業界では日本政府が3品目を個別的に審査して、ホワイト国(輸出手続き優待国)から除外した措置も維持するという方針を明らかにしたことに対して『不確実性』は変わらないという憂慮を出している。

    ある業界関係者は「今まで生産の躓きが無いと言っても、今後ずっと無いという保障は無い」として「韓日局長級の政策対話を通じて輸出規制と関連した妥結策を見付けることを期待する」と話した。

    政府関係者も「直接的な生産の躓きは無かったかもしれないが、物量の確保などのために使わなくてもよい費用を投入するなど、機会費用は悪材として作用しただろう」と指摘した。

    2019-11-24 06:11
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191123024300003

    半導体・ディスプレー生産 日本の輸出規制後も支障なし=韓国
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191124000400882

    引用元: ・【ホワイト国】「むしろ感謝したいほど」…日本の輸出規制による生産の躓きは事実上『ゼロ』[11/24]

    【なら二度とホワイト要求すんなよ? 【ホワイト国】「むしろ感謝したいほど」…日本の輸出規制による生産の躓きは事実上『ゼロ』[11/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/06(水) 15:38:40.53 ID:CAP_USER
    2019年11月4日、韓国・JTBCは、日本による対韓国輸出規制の強化後、韓国の半導体輸出は「むしろ増加している」と伝えた。

    報道によると、韓国の10月の半導体輸出は前年同月に比べ16%増加した。日本が輸出規制強化を発表した7月以来、増加率は毎月2桁を維持しているという。これは「規制強化により韓国の半導体生産に不確実性が生じたことで、あらかじめ物量を確保するために主要取引先が注文を増やしたため」と分析されている。

    また、規制強化後も「韓国の半導体生産に支障は生じていない」といい、7~9月の半導体生産量は前年同期より8.3%増加したという。韓国政府関係者は「主要国内業者がいち早く在庫確保に動いたため」と説明し「日本以外からの輸入や国産素材を日本製の代替とする動きも急速に進んだ」と説明したという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「この機会に、眠っていた韓国の底力を存分に見せてやろう」「このままでは半導体産業は滅びる、日本に許しを請うべきだ、素材を輸入する必要があると主張する専門家たちがいたな。この記事を読んで何と言うだろう?」「サムスンなどの大企業がどれだけ頼もしく力のある企業かを示す事例となったな」「日本ボイコットは継続しなければならない」「日本が頭を下げ膝を突いて助けてくださいとすがってくるまで、不買運動を続けるべき」「買いません、行きません」「日本製品不買は、いまや生活になりつつある。本当にどうしようもないケースでなければ、日本製品は買わない、日本には行かないことだ」など、称賛の声と不買運動継続を呼び掛けるコメントが殺到している。

    一方で「日本の心配をしている場合ではない。中国がサムスンやハイニックスの社員を引き込んで半導体の量産に入った。政府の支援もあって、サムスンとハイニックスが潰れるまで半導体を生産すると言っているぞ」との意見も見られた。
    Record china
    2019年11月6日(水) 10時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b757433-s0-c20-d0144.html

    引用元: ・【日本の輸出規制強化後】韓国の半導体輸出は「むしろ増加」、その理由は?=「この機会に眠っていた韓国の底力を見せてやろう」[11/06]

    【もう日本人に頼るなよ【日本の輸出規制強化後】韓国の半導体輸出は「むしろ増加」、その理由は?=「この機会に眠っていた韓国の底力を見せてやろう」[11/06] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/06(水) 14:43:20.90 ID:CAP_USER
    韓国与党・共に民主党の院内副代表は5日、「今年の経済成長率が2%を達成できなければ、その責任は(野党の)自由韓国党が負うべきだ」と発言した。韓国党が追加補正予算案の可決を2カ月半遅らせ、予算額を8567億ウォン削減したせいで、成長率が0.1ポイント低下したとの主張だ。民主党の政策委員会議長も同様の発言を行った。しかし、10月末時点で追加補正予算案の実際の執行率は政府の計画を10ポイント下回る60%にとどまっている。追加補正予算をまともに使いもしないで、追加補正予算案の成立が遅れ、成長率が低下したと主張しているのだ。これは牽強付会だ。経済副首相ですら追加補正予算案6兆7000億ウォンを執行すれば、成長率を0.1ポイント引き上げる効果があると述べていた。

     韓国政府は雇用指標と経済指標が悪いたびに「天候のせい」「人口構造のせい」「前政権のせい」と主張してきた。経済危機を懸念する専門家に向かって、青瓦台の経済首席秘書官は「別の意図を持つ勢力の陰謀だ」と非難した。そして、景気が急激に悪化すると、「世界経済のせい」と言いだした。非正社員が大幅に増えると、国際労働機関(ILO)が基準を変更したせいだと主張した。今度は成長率が1%台に低下しかねない危機に直面すると、「韓国党のせい」だと言っている。所得主導成長というおかしな経済実験で国家経済を悪化させた政府・与党の責任は全くないという言いぶりだ。それだけに、次も何かのせいにするのだろう。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/06/2019110680020.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/11/06 09:40

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】経済停滞の原因は「天気のせい」「海外のせい」「韓国党のせい」[11/6]

    【日本の所為がないw 【朝鮮日報/社説】経済停滞の原因は「天気のせい」「海外のせい」「韓国党のせい」[11/6] 】の続きを読む

    このページのトップヘ