まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 歴史

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 21:52:23.67 ID:???.net
    no title

    ▲パク・チェヨン忠南道歴史文化研究院責任研究員が去る3日、忠南公州の武寧王陵模型展示
    館で築造方法を説明している。

    (前略)アキヒト(明仁)日王は2001年12月23日、68才の誕生日の記者会見で「私は桓武天皇(50
    代・737~806)の母が武寧王の子孫だと記録されて韓国と縁を感じている」と爆弾発言をした。日
    本古代史記録の‘続日本紀’に書かれた記録を引用したわけだが、日王自らこれを認めた破格の
    発言だった。

    3年後の2004年8月3日にはアキヒトの5親等堂叔で日本王族のアサカノ・マサヒコが親戚と共
    に武寧王陵を参拝した。世論を意識した非公式参拝だったが、日本王族の武寧王に対する関心
    を見せてもらうに充分だった。

    no title

    ▲忠南(チュンナム)扶余(プヨ)にある定林寺(チョンニムサ)跡。1塔1金堂様式で日本の多くの
    過去の寺院がこれをまねて作られた。

    武寧王は日本で生まれた。百済、漢城(ソウル)時代最後の王、蓋歯王(ケロワン)が高句麗を牽制
    するために外と交流を深めようと461年4月、弟・昆支を日本に送り、妊娠していた自分の夫人を
    一緒に送った。夫人はその年6月、北九州の各羅嶋(かからのしま)で息子を産んだ。この子供が
    25代武寧王だ。

    アキヒトの先祖の桓武天皇の父、光仁天皇の婦人が武寧王の10代の子孫だ(訳注:韓国の記事
    では古代の天皇は「天皇」、近現代の天皇は「日王」と使い分けている)。桓武天皇は母が亡くなる
    とすぐに皇太夫人と追叙して手厚く法事を行った。

    この日、現場取材に同行したパク・チェヨン(43)忠南道歴史文化研究院責任研究員は「百済中興
    を導いた武寧王の時、日本と交流が非常に活発だった」として「この過程で百済の数多くの先進文
    明が日本に伝授された」と話した。
    (中略:古墳の説明)

    扶余邑にある定林寺(チョンニムサ)跡は学校運動場ほどの大きさであり、池の上の橋を渡れば
    ‘定林寺跡5重の石灯’が立っている。パク研究員は「石で作った塔だが屋根軒がそびえて、4段
    の石積みなど木造様式をそのまま踏襲したもので、塔が木から石に変わった初期形態」と知らせ
    た。彼は「日本はこの様式を受け入れて木塔を作った」と付け加えた。石塔の後に仏像をまつる金
    堂がある。3階建ての金堂は芝生で跡を表示した。その後に韓国式家屋形式の講堂建物がある。

    パク研究員は「百済伽藍(寺)の伝統様式は南北一直線上の1塔1金堂で1塔3金堂の新羅や高
    句麗と違う。百済様式が大阪の四天王寺や奈良の法隆寺などに適用された」と話した。

    武寧王が熊津(ウンジン、公州)時代を導いたとすれば聖王(訳注:武寧王の息子)は扶余時代を
    開く。聖王は怒唎斯致契を送って日本に仏像と経典など仏教を伝えた。百済技術者らは日本に多
    くの寺を建て、飛鳥文化の花を咲かせた。製錬技術、馬飼育方法、養蚕と衣服製作技術も日本に
    伝授され、その跡が京都、大阪、奈良などに残っている。

    先進文明の恩恵を受けた日本は百済が戦争した時、軍を送って助けた。百済が滅亡した後は、
    遊民4000人余りが日本に亡命して様々な里を作って暮らし、そこで官位もたくさん得た。パク研究
    員は「百済と日本は兄弟のように互いに助けながら過ごした」として「この頃、ことごとにふらつく韓
    日関係を見れば本当に残念だ」といった。

    イ・チョンヨル記者

    ソース:ソウル新聞(韓国語) [新しい50年を開こう]百済、日と交流最も活発…明仁「私は武寧王の子孫」
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20150713007005

    引用元: ・【日韓歴史】 日本との交流が最も活発だった百済、多くの先進文明を日本に伝授…明仁日王「私は武寧王の子孫」[07/12]

    【エベンキ無関係だろが 【日韓歴史】 日本との交流が最も活発だった百済、多くの先進文明を日本に伝授…明仁日王「私は武寧王の子孫」[07/12]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 20:05:12.25 ID:???.net
    私たちにとって独立はなじんだ言葉だ。独立協会も独立門も独立新聞も独立軍もあった。しかし、
    それらは清国からの独立を祈る意味の独立で、その後にできた独立軍は馬賊組に追われながら
    日帝の討伐対象になった軍隊であった。

    大韓帝国は国民らの献金で独立門をたてて私たちはそれを国宝にしている。清日戦争で勝利し
    た日帝の凱旋門的性格が濃厚なその独立門は大韓帝国と共に日帝の監視と黙認の下で行った
    朝鮮王朝最後の花火であった。

    これらは朝鮮王朝最後の王妃をぞっとするように殺害した日帝が沸き立つ国際的世論に追われ
    て恩恵授与的に施した祭りであった計算だ。サムライらを動員して朝鮮の王妃を殺害した事件は
    韓半島を植民地化する過程で日帝が犯した蛮行の中で随一の原罪だ。日帝はその痕跡を消そう
    と王妃の死骸を現場で火葬してしまい、朝鮮王朝は2年過ぎるまでその葬儀を行うことができなか
    った。犯人を処罰後、葬儀を行わなければならない王家の規律のためだった。

    王妃を殺害したサムライらには手も足も出ず、王妃の死骸を火葬する時、薪の山を移した宮人ら
    三人を犯人として処刑したが、そのような見せ掛けの形はすでに葬儀の名分では通じなかったよ
    うだ。王妃殺害場面を最も近くで見たという石塚英蔵報告書には、服を脱がせた裸身の王妃をサ
    ムライらが凌辱した後、刃物で刺して殺して火葬したと記されている。

    大韓帝国はそのように殺害された王妃を皇后に昇格させて葬儀の名分とする。凌辱され火葬され
    た王妃は死体もない皇后になって葬儀を行った。当時の刺客、カズアキ(藤勝顕)は王妃に振り回
    した刃物を櫛田神社に誇らしく寄贈した。独立を失った植民地の惨劇がどうしてこれだけですもう
    か。

    王妃殺害後、大韓帝国の親日内閣総理、金弘集(キム・ホンジプ)は光化門の四つ角でいきりたっ
    た群衆に殴り殺された。安重根義士の伊藤博文狙撃も王妃殺害事件が呼んだ血の復讐であり、
    黄海道ヘジュの平凡だった青年キム・チャンス(キム・グ)が独立運動に身を投じた直接的な理由も
    日帝の王妃殺害蛮行のためだった。

    白凡先生(キム・グ)は日本の軍人を素手で打殺し死刑判決を受けて命拾いで脱獄して臨時政府
    主席に就任、国の名前を大韓民国に定める。日帝の王妃殺害蛮行に対する国民の怒りがそっくり
    凝集した名前がつまり大韓民国だ。白凡先生は一にも二にも三にも独立が願いだと彼の日誌に
    書いた。

    日本が無条件降伏を宣言した日、聨合軍の勝利記念日、私たちが光復節ともするその日が民族
    の光復や解放や独立とは距離が遠い事実を凶弾に倒れる遥か前から白凡先生はよく知っていた
    だろう。8月6日、広島に原爆を投下した米国は8月10日、だから解放前にあらかじめ38度線を
    ひいて朝鮮の臨時的分割占領をソ連に提案しソ連はこれを直ちに受諾する。

    国土分断と6・25韓国動乱(朝鮮戦争)の端緒を提供したその三八線はしかし、臨時的分割線で
    はなかった。それは第二次世界大戦以後の冷戦構図に備えた米国の綿密な計画の結果だった。
    朝鮮戦争後、三八線の代わりに休戦ラインができて60年を越えるが、私たちにはまだ独立記念
    日がなく、独立どころか解放前に韓半島はあらかじめ分割占領になったことを、名分は独立国な
    がらも独立というありふれた言葉がなぜこのように難しい宿題かを私たちはまだ沈痛に再確認し
    ている。

    核兵器に次ぐ炭そ菌を何でもないかのように、この地で数年間実験してきた米国がこの頃、いつ
    もオンドルの火をつけるのを見れば(記者注:米国要人が頻繁に訪韓することか)、我が国はまた、
    天文学的費用に耐えながら恐らく自ら要望してTHAADミサイルを設置するようだ。

    チョン・ヤン(又石(ウソク)大文芸創作科名誉教授・詩人)
    no title


    ソース:慶南新聞(韓国語) 私たちには独立記念日がない
    http://www.knnews.co.kr/news/articleView.php?idxno=1151160

    引用元: ・【韓国】 私たちには独立記念日がない~名分は独立国なのに独立というありふれた言葉が遠い[06/18]

    【所詮 棚ぼた【韓国】 私たちには独立記念日がない~名分は独立国なのに独立というありふれた言葉が遠い[06/18]】の続きを読む

    no title


    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 00:28:10.04 ID:???.net
    2300年余り前、私たちの古朝鮮と三韓時代の先祖が集団移動しながら伝えた稲作が本格化する
    とすぐに日本の歴史は狩猟と採集が生産基盤だった縄文時代(紀元前1万年~紀元前5世紀)と
    は質的に異なる弥生時代(紀元前5世紀~紀元後3世紀)へ移る。

    米国の文明史学者ジャレド・ダイアモンドは世界的ベストセラーでありピューリッツァ賞受賞作の
    ‘銃、病原菌、鉄’の改訂増補版(2003年)を出して弥生時代に先進農業技術を持って移住した韓
    国人が今日の日本人の先祖だと主張して波紋を呼んだ。彼の理論は単なる主張ではなくDNA分
    析という科学的実験の結果に従ったものだった。すなわち、日本古代人の縄文人と弥生人の頭蓋
    骨遺伝子を採取して現代日本人と日本に住んだ原住民族アイヌ族と比較分析してみると、縄文人
    は現代日本人ではなくアイヌ族に似たという。これに比べて現代日本人の遺伝子は弥生人に似て
    いた。さらに衝撃的だったのは、この遺伝子が韓国人とも似ていたことだ。

    ダイアモンド教授は遺伝子分析の他に考古学、分子生物学、人類学、言語学などの研究結果を
    土台にした論文の結果、「過去・現在の様々な要素を総合的に考慮すれば、韓国と日本は成長期
    を共に過ごした‘双子国家’の様なものだった」として「このような事実はその後、歴史を繰り返して
    不快な関係を結んだ両国を考えるならアイロニーに違いない」と話した。

    苛酷な植民支配とまだ自分たちの誤りを認めない日本の政治家たちの厚顔無恥を考えるならば、
    ‘双子国家’という言葉に不快な韓国の読者もいるだろう。日本人も自分たちが縄文人から進化し
    て最短でも1万2000年間、独自性を守ってきたという学説を好む人が多いから韓半島から渡って
    きた人々が先祖というダイアモンド教授の主張は‘話にもならない’と考える人が多いだろう。

    しかし、古代韓国と日本の交流史跡を濃厚に保つ現場を回れば、ダイアモンド教授の主張が無理
    ではないと感じることになる。その代表的な遺跡に私たちは韓半島に近い日本、九州列島内に位
    置した佐賀県で会うことになる。

    ○「韓日は双子国家」(中略:吉野ケ里遺跡や唐津など)
    ○韓国人にも身近な甕棺墓(中略:吉野ケ里遺跡の甕棺墓と韓国式銅剣)

    ○韓国は文明伝授者、日本は媒介者
    吉野ケ里遺跡の公園の中にある遺物展示室に足を移した。稲作の発展が必然的に持たらした農
    耕社会への変化を象徴する多様な遺物があった。普通、稲を栽培すれば生活システムや経済活
    動に一大変化が起きる。種子の選択、育苗、灌漑、除草、除虫、肥料、刈り取るに至る一連の過
    程を効率的に統制しなければならないからだ。

    また、スキやクワのような木製農機具が必要になり、これを作るための石斧などの道具や石刀や
    石鎌など収穫用道具も必要になる。吉野ケ里遺物展示室にもこういう多様な遺物があった。七田
    忠昭(63)館長はこれら遺物が韓半島の影響を強く受けたという。

    「弥生時代の遺物では狩猟採集時代とは異なり、保存用壺、炊事用壷、食品用焼き皿などがたく
    さん出たが、韓半島で発見されたものと似ており、韓半島から伝播した農耕文化的要素を基盤に
    作られたと見られる。青銅器遺物でも韓半島系土器が出土したが、当時、青銅器酒造技術は誰で
    も持つことはできない高級技術であったことを勘案すれば、以前から青銅器酒造技術を持った韓
    半島人が吉野ケ里に定着したことを意味する。」

    一方、このような文明の交流についてソウル市立大チョン・ジェソン教授は次のように話した。「誰
    が誰に何を伝えたということだけ強調して優位を主張するのではなく、韓国と日本が各自の文明
    転換期に相手方に媒介者または、触媒者として重要な役割を果たした点を想起する必要がある。
    すなわち、日本の先史古代時代には韓国が中国文明を伝えた伝授者であり、韓国近現代文明形
    成期には日本が西欧文明の媒介者の役割をした。古代文明の交流もそういう観点から見なけれ
    ばならない。」

    吉野ケ里=ユ・トギョン記者

    ソース:東亜日報(韓国語) 青銅器など新技術で武装した韓半島、日初期国家建設寄与
    http://news.donga.com/3/all/20150616/71883492/1

    引用元: ・【日韓古代史】 青銅器など新技術で武装した韓半島、古代日本の国家建設に寄与~韓日は双子国家[06/16]

    【また資料もないのに捻り出したのか 【日韓古代史】 青銅器など新技術で武装した韓半島、古代日本の国家建設に寄与~韓日は双子国家[06/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ