まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 歴史

    1: ニライカナイφ ★ 2018/04/16(月) 10:51:21.76 ID:CAP_USER
    ◆「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質

    韓国の不実はいまに始まったことではない。
    明治の傑出した知識人、福澤諭吉は当時すでにそのことを看破していた。

    「脱亜論」で彼はなぜ朝鮮を見限ったのか。
    いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。

    * * *

    《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。
    既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》
    (『時事新報』明治三十年十月七日)

    これは福澤諭吉の言葉であるが、まさに現在の日韓関係の本質を言い当てているではないか。
    ただし福澤は決して「嫌韓」論者なのではなかった。

    後で引く有名な「脱亜論」もそうである。
    彼は西洋列強のアジアへの帝国主義的な侵略にたいして、明治維新によって近代化の道を拓いた日本こそが、中国や朝鮮にたいして力を貸して共に連帯して抗すべきであると考えていた。

    また亜細亜という言葉から中国(清朝)と朝鮮を同じく捉えていたのではなく、むしろ朝鮮をアジア同胞として清韓の宗属関係から脱却させ日本のように文明化させることの必要性を説き尽力したのである。
    李氏朝鮮の旧体制(血族や門閥による支配)のままでは早晩、清国やロシアの植民地となり、それはそのまま日本の国難になるからだ。

    李朝末期のこの腐敗した絶望的な国を変革しようとした開化派を福澤は積極的に支援し、そのリーダーであった金玉均らの青年を個人的にも受け入れ指導教育を惜しまなかった。
    また朝鮮に慶應義塾の門下生を派遣する行動を起こし、清朝の体制に取りこまれるのをよしとする朝鮮王朝の「事大主義」の変革をうながした。

    清仏戦争が勃発し、清国軍が京城から退却したのを機に開化派がクーデターを企てるが(甲申事件・明治十七年)、それが失敗に帰したことから、朝鮮における清国の影響力は決定的となった。
    福澤のなかにあった日本による朝鮮の文明化の期待も潰えた。

    日本に十年余り亡命した金玉均も明治二十七年上海で朝鮮の刺客に暗殺され、その遺体は無残に切断され国中に晒された。
    福澤に「脱亜論」を書かしめたのも、朝鮮の開明派、独立派の人々への必死の支援がことごとくその固陋な中国従属の封建体制によって無に帰したことによるものだ。

    《我日本の国土はアジアの東辺に在りと雖ども、その国民の精神は既にアジアの固陋を脱して西洋の文明に移りたり。
    然るに爰に不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。》(「脱亜論」明治十八年三月十六日)。

    この近隣にある「二国」は、《その古風旧慣に恋々するの情は百千年の古に異ならず……教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として……道徳さえ地を払うて残刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し》

    ◆挑戦への絶望と苛立ち
     
    福澤の文章の烈しさは、そのまま朝鮮の開化を祈念していた彼の思いの裏返しの憤怒であった。
    しかし福澤は「文明化」自体に絶対的な価値を置いていたのではない。
    「脱亜論」の冒頭でも「文明は猶麻疹の流行の如し」といい、「有害一偏の流行病にても尚且その勢いには激すべからず」として文明化は利害相伴うものであることも語っている。

    むろん福澤はアジアのなかで唯一文明化に成功した日本を正しい選択であったとしている。
    大切なのは西洋文明の波がかくも急速に高く押し寄せているときに、旧態依然の「外見の虚飾」を捨てない朝鮮の政体と人民への絶望と苛立ちをはっきりと表明してみせた言論人としての姿勢である。

    《左れば今日の謀を為すに我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興すの猶予あるべからず、寧ろその伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に従て処分すべきのみ。
    悪友を親しむ者は共に悪名を免かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。》

    当時も今も国際社会のなかで外交を「謝絶」することはできない。
    問題は「心に於て」、すなわち日本はユーラシア・中華帝国の膨張の現実を前にして、この世界史に参与すべく如何なる「思想」を自ら打ち建てるかである。

    NEWSポストセブン 2018.04.16 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20180416_657811.html

    ※続きます

    引用元: ・【SAPIO】「約束は無効と覚悟せよ」「亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」…福沢諭吉が見抜いた韓国の本質[04/16]

    【【SAPIO】「約束は無効と覚悟せよ」「亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」…福沢諭吉が見抜いた韓国の本質[04/16] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/11/04(土) 11:00:15.08 ID:CAP_USER
    メディアに登場する奴婢や良人など下層民は、主人に忠誠を捧げ、身分制社会に同調したように見えるが、実際、朝鮮時代、両班(ヤンバン)たちは家の奴婢の扱いに困った。

    遠くの村に使いに行かせれば、帰りに贈られた貴重なヒラ(曹白魚)を焼いて食べ、失くしたと嘘をつく。働きたくなくて仮病を使ったりもした。両班は自分だけが見る日記に「憎らしい」とぼやくだけだ。表向きには、死んだ奴婢のために棺を組み、財物を出して商売もさせる。奴婢の労働力を離さすことなく最大限活用しなければならなかったためだ。

    同書は、「KBS日曜スペシャル」、EBS「歴史の中への旅行」など約20年間、ドキュメンタリー放送作家として活動した著者が出した『支配と抵抗で見る朝鮮史』4部作の2作目だ。昨年出版された『二つの顔の朝鮮史』が支配層の二重的な統治戦略に集中したなら、今回は支配層と被支配層の関係に焦点を合わせた。

    著者によると、朝鮮の百姓たちは、支配層の制度と規則に順応したが、時に支配層と結託したり逆らったりもした。人間としての本能と生存に必要な条件や要求事項は直接・間接的に伝えられた。これに対し、権力者が「徳治」で反応し、歴史は進歩し発展していった。権力者も暴力や抑圧だけでは望むものを得られなかった。

    朝鮮王朝実録、備辺司謄録などの史料や学術資料を参考にして著者が背景描写など想像力を加えて会話体で構成した「エピソード」コーナーが読者の理解を助ける。農民、荷役人夫、流浪芸人、妓生、白丁など様々な民衆の暮らしを覗き見ることができる。


    November. 04, 2017 10:12
    http://japanese.donga.com/List/3/08/27/1116572/1

    引用元: ・【東亞日報】嘘をつく 仮病を使う 朝鮮の奴婢は両班に無条件に服従しただろうか[11/04]

    【【ただのクズ自慢】嘘をつく 仮病を使う 朝鮮の奴婢は両班に無条件に服従しただろうか【東亞日報】】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/12(木) 21:47:22.55 ID:CAP_USER
    大韓帝国皇室の晩餐メニューはフォアグラとトリュフ

    大韓帝国宣言から120周年を迎えて、高宗(コジョン)皇帝が外国大使をもてなした洋風宴会が11日に再現された。フォアグラとトリュフなど、最高級食材で作られた本格的なフランス式ディナーだった。

    同日、ソウル中区(チュング)にあるウェスティン朝鮮(チョソン)ホテルで開かれた再現イベントで公開された皇室正式晩餐メニューは、12のコース料理だった。クネルコンソメ(肉団子を入れた透明なスープ)、キジの胸肉ブドウ料理、フォアグラパテ(肉、魚、野菜をすりおろして、中に入れたクリスピーパイ)、牛肉ヒレ・トリュフ焼き、ラムステーキ…。皇室を象徴するスモモの花柄の食器と献立も再現された。

    19世紀は、フランス式ディナーが世界的習慣だった。メニューもフランス語で書かれた。朝鮮人の使用人が大きなボウルに料理を盛って客に見せた後、個々の皿にサービングした。

    同日、朝鮮ホテルのユ・ジェドク・メニュー開発チーム調理場(50)は、「このようによく整備されたフランスのディナー文化が、大韓帝国時期に定着しているとは想像もできなかった」とし、「19世紀のフランスのレシピと国立故宮博物館に保管されているアイスクリームモールド、調理器具などを参考にしてメニューを開発した」と話した。

    近代化の流れに積極的に合流しようとした大韓帝国は1887年、日本を皮切りに米国、英国、ドイツ、ロシア、フランスなどと国家間条約を交わして、西洋文化を受け入れた。外交関係も各国の公使が国内に長期間滞在する形に変化した。儀典は西洋の格式と伝統礼節を折衝した方式だった。キャビア、鮭、コーヒーなど、国内で生産されない食材も輸入して使用した。

    大韓帝国皇室の洋風宴会料理の再現事業は、文化財庁、文化遺産国民信託、新世界(シンセゲ)朝鮮ホテル、培花(ペファ)女子大が今年5月に業務協約を交わして進めてきたプロジェクトだ。培花女子大伝統調理科のソン・ジョンウ教授チームの研究を基に、朝鮮ホテルの調理チームが調理法を開発した。

    ソン教授は、「大韓帝国は宮廷料理の最後の系譜であり、西洋料理を受け入れた食文化のターニングポイントになった時期だ」とし、「今回のプロジェクトはこれまでないがしろにされてきたこの時期の食文化研究に寄与した意義がある」と語った。

    ソース:東亜日報 October.12, 2017 09:27
    http://japanese.donga.com/List/3/08/27/1087802/1
    no title

    前スレ
    【韓国】大韓帝国皇室の晩餐メニューはフォアグラとトリュフ。メニュー開発チーム「フランスのレシピを参考にして開発した」[10/12]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1507800019/

    引用元: ・【韓国】大韓帝国皇室の晩餐メニューはフォアグラとトリュフ。メニュー開発チーム「フランスのレシピを参考にして開発」[10/12]★2

    【【ウソの歴史がまたひとつ】「調理器具などを参考にして開発した」再現された大韓帝国皇室の晩餐メニュー】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/31(火) 11:31:24.57 ID:CAP_USER
    「国家が管理した売春だった」...米軍基地村女性たち

    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=acae014d53a34f2ea90ae55e6ed8a6d3&Month=201710&size=640

    去る1月20日、ソウル瑞草区ソウル中央地方裁判所前で開かれた「韓国内基地村の米軍慰安婦国家損害賠償請求訴訟1審判決の記者会見」に参加した女性たちが国家賠償を促す立札を挙げている。聯合ニュース

    1992年10月28日午後、京畿東豆川市の米軍基地の周辺に住んでいキム・ソンチュル(当時68歳)さんは、正門横のドアを開けたとたん、足から力が抜けて座り込んだ。

    いくら呼んでも出てこなかった家の娘が、おぞましい姿の遺体になっていた。頭から流れた血は遺体の上に撒かれた白い洗濯洗剤とからみ合っていた。顔は暴行されて分からないほどで、性器と肛門にガラス瓶や傘の柄が挿入されていた。米軍第2師団1連隊の衛生兵ケネス・リー・マクルイが風俗店従業員のユン・クムイを殺害し、遺体を毀損した事件。 「基地村」売春女性の人権実態を知らせた別名「ユン・クムイ事件」が25年前の今日起こった。

    それから22年が過ぎた2014年には、基地村売春女性122人が国家を相手に損害賠償請求訴訟を提起した。 「政府が基地村内の「米軍慰安婦」制度を作って徹底的に管理しており、外貨稼ぎの手段として利用して人権を侵害した」という主張だ。

    「私たちは、米軍「慰安婦」だった」

    「慰安婦」は日本帝国主義の時期、性奴隷制の被害者を指す用語である。この言葉はもともと加害者の立場を代弁する、屈辱的な用語である。組織的性暴力を「性的元」で包装したからである。関連の市民団体と韓国政府がこの言葉を書くとき、必ず引用符をつけるのもこのためだ。国連も同様に日本軍「慰安婦」問題を「日本軍性奴隷(Japanese Military Sexual Slavery)」と称する。

    米軍基地村の売春女性たちが自分たちを「米軍慰安婦だった」と言うのは、自ら「日本軍性奴隷制の被害者」と同一視しようとするものではない。 1970年代まで、この言葉が「兵士を慰安する職業の女性」という意味で公然と用いられ、彼女らの人権侵害状況を国が黙認して管理したという点を強調するためだ。 1961年にソウル市が施行した「国連軍相手の慰安婦性病管理事業」、1957年に施行された「伝染病予防法施行令」などの公文書でも、彼女らは「慰安婦」と呼ばれた。

    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=3ec3bde31ee54c5a899a4199bd4ace10&Month=201710&size=640
    1960年代の基地村の様子。韓国日報資料写真

    ソース:韓国日報 2017.10.29 17:18(韓国語)
    http://www.hankookilbo.com/v/e63402b3b54a442a9d9d5240fd81eccb

    続きます

    引用元: ・【韓国】米軍「慰安婦」は国が管理した売春だった。公務員は「米軍を慰め経済を富強に、あなたたちは愛国者だ」と愛国教育した[10/31]

    【【積極的な国の関与ですね 】韓国人米軍基地村慰安婦が控訴「国家が管理した売春だった」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/29(水) 13:58:17.20 ID:CAP_USER
    今月20日はソウル西大門区(ソデムング)にある独立門をたてて120周年をむかえる日でした。独立門は我が国初の洋式建築物で、我が国の自主独立精神を知らせようと作られました。驚くべきことに日帝強制占領期の朝鮮総督府は多額のお金を入れて独立門保守工事を行い、文化財指定した。朝鮮を植民地とした日帝がどうしてこの様なことを行ったのでしょうか?

    ◇中国使節が留まった英恩問を崩す

    「君主が皇太子と百官を率いて慕華館に進んで勅書を迎えた。」「慕華館に挙動して使節を送った。」世宗(セジョン)実録「に記録された慕華館の話です。これと似た内容が「世宗実録」だけでなく最後の朝鮮王朝実録の「高宗(コジョン)実録」までほとんどすべての実録に漏れずに出てきます。「慕華館」という所で朝鮮王が中国、すなわち明国や清国皇帝が送った使節を迎えたりその使節のために祭りを施した後、中国に送ったということです。

    このように「慕華館」は朝鮮が中国使節を出迎えようと作った建物で、中国使節が留まった宿舎だと言えます。朝鮮第3代太宗の時の1407年、高麗の都の地、開京に外国の様々な使節を迎えようと作った迎賓館をまねてソウルの四大門の一つ西大門(敦義門)に作りました。慕華館の前に赤い色を塗った木門の紅箭門をたて、第11代中宗の時、青瓦をのせて建て直し、明国使節が要求した通り「迎恩門」と名づけました。慕華館の「慕華」は中国を慕うという意味で、迎恩門の「迎恩」は恩恵を施した使節を迎えるという意味です。

    ◇独立を象徴する記念物になる

    1895年、朝鮮の支配権を置いて清国と日本が「清日戦争」を起こします。この戦争で清国は敗れ、朝鮮はこれ以上清国に仕える国ではなく自主独立国家であることを広く知らしめなければならないと考えました。このために事大主義の象徴だった迎恩門と慕華館を壊して自主独立を象徴する記念物をたてようという運動が広がりました。米国に亡命して帰国し1896年、我が国初の民営新聞「独立新聞」を発行したソ・ジェピルを中心に開化派と朝鮮政府官僚が参加して独立門建設推進委員会を作りました。これを土台に「独立協会」という団体ができ、これらが迎恩門を壊してその場に独立門をたてる募金運動を行ったそうです。

    no title


    独立門の形はフランスの凱旋門をまねてソ・ジェピルがスケッチしました。朝鮮王室も多額のお金を寄付しました。1896年11月21日、始まった独立門設立工事は翌年の1897年11月20日に終わったそうです。慕華館は独立協会の集会場である「独立館」に使うことにしました。

    独立門が完工する一カ月以上前の1897年10月、高宗が独立協会の支援に力づけられて「大韓帝国」を宣言します。これで独立門は大韓帝国の自主独立を象徴する記念物になったそうです。独立門に大韓帝国を象徴する太極旗と大韓帝国皇室を象徴する李花紋を刻んだのもそのためです。

    1910年我が国が国権を完全に奪われて、日帝は独立門を「朝鮮が清国の属国から脱して日本の影響下に入った」という意味に利用しようとしました。それで朝鮮総督府は独立門保守工事を行い文化財指定して管理しました。また、イ・ワンヨンなど親日派が当時の独立門をたてるのに重要な役割を果たした独立協会会員であった点を強調して韓国人の反日感情を和らげようとしたそうです。

    独立門は日帝強制占領期間が長くなり、日帝からの独立を象徴する記念物に意味が変わって行きました。1919年3・1運動時は太極旗の正確な形を知らなかった多くの学生と市民が独立門に彫られた太極旗を見て描き万歳運動を行いました。

    その後、独立門は私たち民族の胸の中に自主独立の象徴物として今も残っているとのことです。
    (後略)

    ソース:ニュースティーチャー(韓国語) [ニュースの中の韓国史]独立門、事大主義象徴壊して仏凱旋門まねて作りましたよ
    http://newsteacher.chosun.com/site/data/html_dir/2017/11/27/2017112700361.html

    引用元: ・【韓国】 事大主義の迎恩門を壊しフランスの凱旋門をまねて建てた独立門、日帝時代を経て抗日独立の象徴へ[11/28]

    【【捏造教育の賜物だな 】 事大主義の迎恩門を壊しフランスの凱旋門をまねて建てた独立門、日帝時代を経て抗日独立の象徴へ【ニュースティーチャー(韓国語)】】の続きを読む

    このページのトップヘ