1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/06/11(水)19:38:55 ID:???
『水因性感染症』注意要望、水通じて伝播…予防法は?


no title

▲『水因性感染症主義』写真=保健当局手洗う広報ポスター(2013年)

例年より早い暑さのために各種感染症の発病の可能性が大きくなっていて注意が要求される。

10日、疾病管理本部は「今年6月の気温が平年より高いと予想される」として「水因性(汚染された水を通じて伝染する)または、蚊媒介感染症、食品媒介感染症などが増える可能性がある」と警告した。

高熱と腹痛、下痢など食中毒症状を伴う代表的水因性または、食品媒介感染症には腸チフス・パラチフス・細菌性赤痢・腸出血性大腸菌感染症・手足口病などがある。

特に手足口病は今年に入り6才未満幼児を中心に急激に増加中にあって注意が必要な状態だ。

蚊を通じて原因細菌とウイルスが広がるマラリア・日本脳炎・デング熱などにも注意しなければならない。東南アジアなどマラリア・デング熱危険地域を旅行する場合、できるだけ蚊に噛まれないように気を付けて、出国に先立ち予防薬を飲むのが良い。

この外に流行性角結膜炎・急性出血性結膜炎など眼病、パラインフルエンザウイルス(PIV)・ヒトボカウイルス(hBov)等が引き起こす急性呼吸器疾患も夏にありふれているウイルス性感染症だ。

魚介類を十分に実らせないで食べたり皮膚に傷がある人が釣り・海水浴をする場合にはビブリオ敗血症にかかることもある。

疾病管理本部は「多くの感染症は徹底した手洗いで容易に予防することができる」として「食物を十分に煮て食べ、長く保管しないのも重要だ」と助言した。

韓国日報(韓国語)
http://daily.hankooki.com/lpage/society/201406/dh20140610141504137780.htm

引用元: ・【韓国】水を通して伝播する『水因性感染症』に注意…予防法は?[06/10]

2: 名無しさん@おーぷん 2014/06/11(水)19:45:22 ID:kFJbcQ9SQ
下水汚泥投棄率がアホほど高い不潔な途上国だから、
これもどうせ騒ぐだけ騒いで対策とかとらないよな。

3: 名無しさん@おーぶん 2014/06/11(水)19:48:55 ID:E3k690J3U
『そうだ!水をなくせばいいニダ!』

熱中症増大

…と予想w