1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/01/31(火)11:43:14 ID:???
国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.214
    by 大礒正美(国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表)

平成29年1月29日

 不可逆はない半島民族の日本蔑視

 ある日本の大学で、韓国の大学教授を招いて特別講義をしてもらった。たまたま日本に滞在していて、
日本語も堪能な年配教授だったので、講義も日本語で気楽にしゃべってもらった。

 彼は、韓日間の領土問題や慰安婦問題などあらゆることに関して、韓国民は「日本人は考えることができないヤカラだ」と思っていると説明した。

 聴いていた学生たちは一様にポカンとした表情になった。「自分の主張に同意しないからといって、考えることができないとさげすむわけか?」

 そうなのである。「考えることができるなら、わが韓国の言うことをすべて受け入れるはずだ」というのが、
韓国民(=朝鮮民族)の自然な感覚と言えるのである。

 実はこの話は日本でも知られていて、後半にオチがついているのだが、さすがにかの韓国人教授も日本語では言いにくかったらしく、
途中までで打ち切ったということだろう。

 この話の全部を箇条書きにしてみよう。


 日本人は、考えることができないヤカラだ。
 考えることができるなら、われわれの言うことに従うはずだ。
 
 犬も、考えることができない。
 しかし犬は尻尾を振ってなついてくる。
 
 日本人は、考えることができない上に、尻尾を振ってなついてこない。
 それどころか、ことごとに楯突いてくる。
 だから、日本人は犬よりもはるかに劣ったヤカラだ。


 理路整然とオチがついている。さらに付け加えると、本当はヤカラのところには「倭奴」(ウエノム)という漢字が入る。
 倭はこびと、奴は奴隷のことで、すなわち「こびと奴隷」という究極の蔑称である。

続き よむ地球きる世界
http://www.geocities.jp/oiso_zemi/column/latest214.html


◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★6 ◆◆◆
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1483031389/479

引用元: ・【日韓】不可逆はない半島民族の日本蔑視[H29/1/31]

2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)12:29:28 ID:FZe
そしてそれを心理学では「投影」と言うww

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)14:32:55 ID:uFj
やはり共存は不可能だね

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)14:46:49 ID:apj
> 理路整然とオチがついている

どこが理路整然なんだか
「ウリ様に懐かないから劣ってる」のどこに論理性がある

5: 名無しさん@おーぷん 2017/01/31(火)15:02:43 ID:rc2
これは無知な日本人に教えてやるべき話だな。
朝鮮民族の偉大さを教えてやろう。