まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/30(水) 21:12:49.44 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の盧炯旭(ノ・ヒョンウク)国務調整室長は30日、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を巡る紛争解決に向け、日本が以前提案した「第三国による仲裁委員会設置」に関し、「紛争の調停に応じない」と述べた。国会政務委員会の全体会議に出席し、野党議員の質疑に答えた。

    盧氏は、1965年に締結された韓日請求権協定に基づく紛争解決手続きに関し、「現段階では(両政府の)解釈が異なるため、ほかの創意的な解決方法をいろいろと悩んでいる」と述べた。また「協定上、仲裁を要請することはできるが、それに応じることは義務ではない。慰安婦問題に関して韓国が要請したものの、日本が応じなかった前例がある」と答弁した。

     両国の対立解消に向けた韓国政府の方策に関しては、「相手がいることであり、さまざまな可能性を含めて検討、協議していくべきだ」とする一方、「私がこの場で述べることは適切ではない」と具体的な回答を避けた。

     李洛淵(イ・ナクヨン)首相が日本で先ごろ安倍晋三首相と会談したことについては、「外交的なさまざまなルートの対話を通じ、解決方法を模索していこうと提案した。もっと対話をしてみようということにおいては、一定の共感があった」と評価した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191030002500882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.10.30 16:26

    no title

    国会政務委員会の全体会議で発言する盧氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国高官】第三国による仲裁委設置「紛争の調停に応じない」徴用問題巡り「慰安婦問題に関して日本が応じなかった前例がある」[10/30]

    【じゃあ現状維持でいいね 【韓国高官】第三国による仲裁委設置「紛争の調停に応じない」徴用問題巡り「慰安婦問題に関して日本が応じなかった前例がある」[10/30] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/05(土) 10:56:06.17 ID:CAP_USER
    日本の輸出規制で被害を被った企業に468件の金融支援が行われたことが分かった。

    韓国金融委員会が4日、国会政務委員会の国政監査に先立ち共に民主党の諸閏景(チェ・ユンギョン)議員に提出した資料によると、政策金融機関と市中銀行は8月5日から9月19日までの7週間で合計468件8045億ウォン(約719億円)相当の金融支援を行ったことが分かった。

    金融支援の内容は日本の輸出規制で直接・間接的損害を被った企業のための融資・保証満期延長と新規資金支援だ。

    金融委は昨年8月3日、政策金融機関の融資・保証を1年間全額満期延長し、6兆ウォン相当の新規流動性を供給するなどの内容を盛り込んだ金融支援策を発表している。

    同案は日本の輸出規制措置品目を輸入または購入している企業の経営上の問題を解消し、素材・部品・機器産業の競争力を高めるためのものだ。


    中央日報日本語版 2019.10.04 15:29
    https://japanese.joins.com/JArticle/258276?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【中央日報】 日本の輸出規制による韓国の被害企業への金融支援、468件超え [10/05]

    【大した影響は無いと言ってたような 【中央日報】 日本の輸出規制による韓国の被害企業への金融支援、468件超え [10/05] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/16(水) 12:31:41.09 ID:CAP_USER
    国連総会で各国が北を糾弾するのに…北の弾道ミサイルに一言も触れぬ韓国、「韓半島の平和」ばかり再度強調

    外交部は趙大使の発言も公開せず

    仏英日は「北の非核化」で声をそろえる

     韓国外交部(省に相当)が、国連総会第1委員会で北朝鮮問題に関する発言権を得たにもかかわらず、国連安保理決議に違反する北の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)挑発について全く言及しなかったことが15日までに確認された。韓国の趙兌烈(チョ・テヨル)国連大使は当時、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先月の国連総会基調演説で表明した「韓半島の平和」メッセージを再度強調し「北朝鮮が非核化を実現することを真剣に希望する」とだけ言及した。外交部は、こうした趙大使の発言内容を公式にメディアに明かすこともなかった。11日に開かれた会議で北朝鮮のミサイル挑発を糾弾した国は、英国・フランス・ノルウェーなど欧州諸国と日本だった。北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使は、逆に韓米を名指しして、この国々の軍事活動がむしろ対話・和解の雰囲気を壊していると反発した。

     趙兌烈大使は11日、第1委員会第4回会議において「ストックホルムで米朝実務交渉が再開されたが、実質的な結果は出てこず、意見の違いも狭まらなかった」としつつ「だからといって、われわれは健全でない悲観論に誤って引きずられてはならないだろう」と発言した。その上で趙大使は「われわれは米国と共に北朝鮮との対話の場に残りたい」「文大統領が先月国連総会で演説したように、韓国の平和は全世界の平和とつながっている」と語った。

     韓国政府は、北の挑発の最大の被害当事国でありながらも、およそ7分に及ぶ発言の中で北朝鮮のSLBMや弾道ミサイル発射について一言も指摘しなかった。北朝鮮がこの1年余りの非核化交渉の最中に核施設を稼働させた行為についての言及もなかった。元外交部次官のある人物は「この日の発言は、趙大使にとっては退任直前の国連大使として最後の発言だった」として「国連安保理の北朝鮮制裁決議に真っ向から違反する北朝鮮のSLBM発射について、軍縮・国際安全保障事案を扱う国連第1委員会で言及すらできないという現実に、胸の内は苦しかったことだろう」と語った。

    北朝鮮を糾弾して安保理決議の履行を求めたのは、フランス・英国・日本などだった。フランスのヤン・フアン軍縮大使は「国際原子力機関(IAEA)の報告書の通り、北朝鮮の核プログラムは依然として稼働しており、ここ数カ月繰り返された弾道ミサイル発射を通して理解できるように、北朝鮮はこれを廃棄するためのいかなる真剣な行動も取らなかった」と指摘した。英国のエイダン・リドル軍縮大使も「北朝鮮が完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)に乗り出すまで、北朝鮮制裁は厳格に維持されるべき」と語った。日本の高見沢将林・軍縮大使は「北朝鮮は全ての核兵器、核施設だけでなく全ての弾道ミサイルについて、完全かつ検証可能で後戻りのできない廃棄に乗り出すべき」と発言した。ポルトガルやイタリア、スウェーデン、アイスランドなど欧州諸国とマレーシアなども北朝鮮の非核化履行を求めた。

     だが金星大使は「米国も今年、ICBM(大陸間弾道ミサイル)『ミニットマンIII』やSLBM『トライデントII』、巡航ミサイル『トマホーク』を発射した」として、ミサイル実験を行ったのは北朝鮮だけではないと主張した。また「韓国が米国と合同軍事演習を再開し、最先端の攻撃兵器であるF35A戦闘機を配備した。こうした暴力的挑発行為が対話と和解の雰囲気に悪影響を及ぼした」と、韓米政府を非難した。

     峨山政策研究院のシン・ボムチョル安保統一センター長は「もしや北朝鮮との対話の雰囲気が壊れるのではと思って、韓国政府は北朝鮮の決議違反行為すら見逃してやっている」として「交渉するにしても北朝鮮に対して言うべきことは言ってこそ、北も状況判断を誤らない」と語った。

    ニューヨーク=呉允熙(オ・ユンヒ)特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/16/2019101680074.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/10/16 11:20

    引用元: ・【韓国】国連で北のSLBMに一切言及せず[10/16]

    【むしろお祝いしたいくらいだろう【韓国】国連で北のSLBMに一切言及せず[10/16] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/03(日) 14:17:33.22 ID:CAP_USER
    アメリカと韓国の政府高官は訪問先のタイで会談し、アメリカ側が日本を加えた3か国の協力の重要性を確認したとするとともに、韓国側はアメリカに日韓関係改善への協力を求めたと明らかにしました。

    アメリカ国務省で東アジア外交を担うスティルウェル次官補と韓国外務省のユン・スング(尹淳九)次官補は2日、ASEAN=東南アジア諸国連合と日米などが参加する一連の会議に合わせて訪問先のタイで会談しました。

    アメリカ国務省によりますと、両者は会談で北朝鮮の非核化交渉をめぐる緊密な連携と日本を加えた3か国の協力の重要性を確認したということです。

    また韓国外務省によりますとユン次官補が悪化している日韓関係について合理的な解決策を見いだすための韓国側の努力を説明したうえで、アメリカに関係改善のため可能な役割を果たすよう協力を求めたということです。

    日韓の間では軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の失効が今月23日に迫っていて、アメリカ政府は韓国に破棄の決定を見直すよう促す立場を明らかにしています。

    今回の会談でこの問題が議論されたかは明らかになっていませんが、スティルウェル次官補は5日、韓国を訪問する予定で、韓国側との会合を通じて「GSOMIA」の継続を求めるとみられます。


    2019年11月3日 8時15分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191103/k10012162601000.html

    ★1の立った時間 2019/11/03(日) 08:57:15.20

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572739035/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572744967/
    ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572749025/
    ★4
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572753717/

    引用元: ・【韓国】 米に日韓関係改善の協力求める★5 [11/03]

    【国として恥ずかしくないのか 【韓国】 米に日韓関係改善の協力求める★5 [11/03] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/04(金) 21:19:38.55 ID:CAP_USER
    国会保健福祉委員会で4日、保健福祉部・疾病管理本部の国政監査が、自由韓国党キム・スンヒ議員の「ムン・ジェイン大統領は痴呆」発言で一時混乱しました。

    キム議員は、「最近、文大統領の記憶の問題を国民が多く心配する」と国家記録院の個別大統領記録館設立の問題を取り出しました。

    キム議員は、「個別大統領記録館を建てるという報道に『大統領が火のように怒った』という大統領府報道官の発表があったが、
    その前に閣議で、専用の文書館建設計画を大統領が直接審議・議決していた」と明らかにした。中略

    さらにキム議員は「認知症と物忘れは医学的に見れば違うが、物忘れは痴呆の初期症状として現れることがある」とし
    「だから国民は家族の認知症を心配しながら、同時に、最近の大統領の記憶の問題を多く心配しているだろう」と明らかにした。

    与党であるともに民主党議員たちはすぐに反発しました。以下略

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=055&aid=0000763115&date=20191004&type=2&rankingSeq=5&rankingSectionId=100

    引用元: ・【韓国】野党議員が文大統領に痴呆症と暴言

    【大統領だけじゃないのが困ったモノだ 【韓国】野党議員が文大統領に痴呆症と暴言 】の続きを読む

    このページのトップヘ