まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    1: しじみ ★ 2018/05/24(木) 03:12:35.35 ID:CAP_USER
    中国の「無印良品」が、外装に「原産国:台湾」と印刷された商品を販売したとして、
    上海市当局から罰金20万元(約340万円)の行政処罰を受けたと、23日、中国メディアが伝えた。
    中国の習近平(シーチンピン)指導部は、台湾は中国の一部であるという「一つの中国」原則を強く主張しており、
    主権や領土に関わる問題に対し、厳しい対応が目立っている。

     メディアや上海市の発表によると、行政処罰を受けたのは、
    無印良品を展開する良品計画(本社・東京)のグループ企業「無印良品(上海)商業有限公司」。
    2017年8月、日本で包装されたスチール製の室内物干し約120個を輸入した際、
    外装に「MADE IN TAIWAN 原産国:台湾」と印刷されていたものを、
    そのまま中国国内の店舗やインターネットで販売したという。

     こうした行為が、広告は国家の尊厳や利益に損害を与えてはならない、などとする「広告法」の規定に違反したとしている。

     無印良品では、今年1月にも、中国国内の店舗で配布したカタログの地図に、
    中国が領有権を主張する尖閣諸島(中国名・釣魚島)が掲載されていなかったなどとし、
    中国当局から注意を受けて廃棄していたことが明らかになっている。

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL5R64YRL5RUHBI02G.html

    引用元: ・【中国】中国の無印良品、原産国に台湾表示 上海当局が罰金処分[05/23]

    【【中国】中国の無印良品、原産国に台湾表示 上海当局が罰金処分[05/23] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/05/15(火) 22:45:21.74 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2018年5月15日 22時20分 (2018年5月15日 22時33分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180515/Recordchina_20180515058.html

    2018年5月14日、環球網によると、韓国の国民が最も不安に感じていることはスモッグなどの大気汚染問題であることが、韓国保健社会研究院の調べで分かった。

    韓国紙・亜州経済によると、韓国保健社会研究院は14日に「社会統合現況・緊急対策案研究」報告書を発表。韓国の成人3839人を対象に意識調査を行ったところ、景気低迷や高齢化社会、水質汚染などを抑え、大気汚染が国民にとって最も主要な不安要素であることが分かったという。

    調査は各問題について5段階で不安の評価付けをしてもらう形式で行われ、大気汚染問題は3.46点。景気低迷は3.38点、高齢化社会は3.31点、水質汚染は3.29点、失業と貧困は3.27点、北朝鮮の核問題は3.26点だった。

    韓国では2017年に入って大気汚染が例年よりも悪化しており、日常生活にも深く関わる問題として国民の間に強い不安が生じていることが調査で浮き彫りとなったと記事は伝えた。

    調査ではまた、世代によっても不安に感じる事案が異なることも明らかになった。年齢が上がるほど自然災害や健康などに対する不安が大きい一方、若い世代では犯罪などの社会問題への不安が大きいという。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】韓国人が最も恐れているもの―韓国紙

    【【韓国】韓国人が最も恐れているもの―韓国紙 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/05/29(火) 20:42:55.21 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2018年5月29日 19時40分
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180529/Recordchina_20180529046.html

    2018年5月29日、米華字メディアの多維新聞によると、フィリピンのカエタノ外相はこのほど、南シナ海問題でドゥテルテ大統領は中国に対して「レッドライン」を設定しているとし、「レッドラインを越えるいかなる国に対しても、フィリピンは宣戦を布告する」と警告を発した。

    中国は伝統的にフィリピン漁民の漁場だったスカボロー礁(フィリピン名:パナタグ礁、中国名:黄岩島)を2012年から実効支配している。国連海洋法条約に基づくフィリピンの提訴を受け、国際機関である仲裁裁判所は16年7月、中国の主張に法的根拠はないとする判決を下した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【米華字メディア】比外相が中国に警告「南シナ海レッドライン越えたら宣戦布告」

    【【米華字メディア】比外相が中国に警告「南シナ海レッドライン越えたら宣戦布告」 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/30(水) 11:59:25.50 ID:CAP_USER
    2018年5月29日、韓国・東亜日報はこのほど「セウォル号で朴槿恵(パク・クネ)が弾劾なら、文在寅(ムン・ジェイン)大統領もすでに…」との見出しで、韓国国会議員の発言が物議を醸していると報じた。

    問題の発言をしたのは、ソウル市長候補で最大野党「自由韓国党」の金文洙(キム・ムンス)議員。記事によると、金候補は同日ソウルで開かれた韓国放送記者クラブ主催の討論会で「ろうそく(朴前大統領の弾劾を求めるデモへの参加者)が多数派を占め、文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足したのは民主的手続きだと認めるが、その過程に問題がある」と主張した。

    また「ろうそくの狂風によって李明博(イ・ミョンバク)元大統領も監獄に行った」とし、「ろうそくを持った大衆が国会を取り囲み『弾劾しなければ、このろうそくによってあなたたちが燃え死ぬ』と言った。これを恐れて憲法裁判所が法的手続きを進めたことに問題を感じる」と述べたという。

    さらに、文大統領について「文在寅大統領にもドゥルキング問題がある。大統領選挙の過程はしっかりしていたのか」と疑問を示したとのこと。ちなみに、同問題は「ドゥルキング」と呼ばれるハンドルネームの人物が中心の団体がネット上で世論操作を行った事件。

    記者からの「セウォル号沈没事件は弾劾理由にならないか」という質問には、「セウォル号で弾劾されなければならないなら、文大統領もすでに弾劾されていなければならない」とし、「火災や事故に対する責任を問って弾劾するのは正しくない。それでは生き残れる大統領はいない」と答えた。なお、朴前大統領の弾劾について金候補は「党内の親李派(李明博)と親朴派(朴槿恵)間の不通が大きく作用した」と述べたという。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.recordchina.co.jp/b171784-s0-c10-d0127.html

    引用元: ・【韓国】文大統領はすでに弾劾されているべき?韓国議員の主張が物議[05/30]

    【【韓国】文大統領はすでに弾劾されているべき?韓国議員の主張が物議[05/30] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/06/04(月) 08:29:53.71 ID:CAP_USER
    6/4(月) 8:02配信
    中央日報日本語版

    現代経済研究院が韓国国内の経済状況について「景気後退」局面を越えて「景気低迷」に入っていると3日、分析した。企画財政部など政府が景気回復の流れを楽観する状況で、国内の主要民間研究機関が正面から反論したのだ。分配中心の財政政策や投資不振など景気下方リスクが続く場合、内需不況が訪れるということだ。

    現代経済研究院はこの日発表した報告書「景気下方リスクの拡大」で、「今年4-6月期の国内経済状況は景気後退から沈滞局面に入る過程」と診断した。現代経済研究院は当初、下半期中に景気後退が景気沈滞に進むと予測していたが、景気下降速度が予想以上に速く進行しているとして立場を変えた。

    現代経済研究院はこうした判断の根拠として、現在の景気状況を表す景気動向指数と景気の方向性を示す景気先行指数が1年間ほど明確な下落傾向にあるという点を挙げた。同行指数循環変動値は2017年5月の100.7をピークに4月には99.7に落ち、先行指数循環変動値も2017年7月の101.2から4月には100.0に下落した。

    研究院は設備投資と建設投資が振るわない点も注視すべきだと主張した。設備投資指数の増加率の場合、3月と4月は前月比それぞれ-7.8%、-3.3%だった。設備投資先行指標の国内機械受注額は2017年10-12月期以降、速いペースで下落し、資本財輸入額の増加率も1月をピークに低下している。2018年の4月の失業率は4.1%と前年同月(4.2%)比でやや良くなったが、体感失業率は11.5%と前年同月(11.2%)より悪化した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000005-cnippou-kr

    引用元: ・【ムンジェノミクス】4-6月期の韓国経済、景気後退を越えて沈滞局面に

    【【ムンジェノミクス】4-6月期の韓国経済、景気後退を越えて沈滞局面に 】の続きを読む

    このページのトップヘ