まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    1: ニライカナイφ ★ 2018/05/12(土) 18:32:20.35 ID:CAP_USER
    ◆韓国トップの仮想通貨取引所が詐欺の疑いで家宅捜索 韓国相場が暴落し日本相場にも影響

    韓国トップの仮想通貨取引所Upbit(アップビット)が詐欺の疑いで10日、11日にかけて検察が家宅捜索をおを行った。
    運営会社はコンピューターを操作し仮想通貨の価格を操作し投資家を騙した疑い。

    検察は10日、11日の2日間の家宅捜索で仮想通貨のコインウォレットを持たずに取引を行ったという疑いがあるコンピューターのハードディスクと会計帳簿を押収した。
    またCEOを既に身柄を拘束されている。

    Upbitは韓国最大の仮想通貨取引所である。
    今回の報道を受けて韓国の仮想通貨の値が下落しており、日本の相場にも影響が出ている。
    韓国の仮想通貨取引所と言えば昨年12月にユービットがハッキングにあい、運営会社である株式会社ヤビアンは破産手続きしたことがわかった。

    写真:no title


    ゴゴ通信 2018/05/11 19:40:22
    http://gogotsu.com/archives/39642

    引用元: ・【韓国】仮想通貨大手取引所が詐欺の疑いで家宅捜索…韓国相場が暴落し日本相場にも影響[05/12]

    【【韓国】仮想通貨大手取引所が詐欺の疑いで家宅捜索…韓国相場が暴落し日本相場にも影響[05/12] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/09(水) 21:12:56.97 ID:CAP_USER
    (台北 9日 中央社)韓国のアシアナ航空が中国大陸の圧力を受け、ウェブサイト上の「台湾」の分類先を、「東南アジア」から「中国大陸/香港/マカオ/台湾」に変更していたことが分かった。一部の台湾メディアが8日、7日付けの朝鮮日報の記事に基づいて伝えた。外交部(外務省)は同日、すでに駐韓国代表処を通じて同社に訂正を求めたと説明し、「全力で交渉し、国家の尊厳と利益を守る」とする同部の姿勢を強調した。

    同部の李憲章報道官は、中国大陸は国際社会における台湾の活動空間を奪おうとしていると反発。国際社会や関連企業に対し、政治力を乱用して各国企業に圧力をかける中国大陸の野蛮な行為を阻止し、民主主義や自由を守る台湾に力を貸してほしいと呼び掛けた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japan.cna.com.tw/news/apol/201805090007.aspx

    引用元: ・【国際】航空会社の「台湾」表記問題、韓国でも 外交部が訂正を要求[05/09]

    【【国際】航空会社の「台湾」表記問題、韓国でも 外交部が訂正を要求[05/09] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/20(金) 06:29:00.42 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b593248-s0-c10.html

    2018年4月18日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の産業通商資源部は、サムスン電子・半導体工場の作業環境測定結果報告書の公開によって、国家の核心技術が流出する懸念があるとする立場を明らかにした。

    記事によると、同部関係者は17日に開かれた産業技術保護委員会半導体専門委員会で、同報告書に国家の核心技術に該当する内容があると判断したことを明らかにした。専門委員15人のうち、サムスン電子との利害関係を有する協会関係者2人を除く全員の意見が一致し、このような決定に至ったという。

    同部は「報告書に工程名や製造装置の配置など半導体産業の競争力を左右する重要な情報がある」と主張。同部関係者は「工程や設備の配置は数万種類あるが、これを見つけるために会社は非常に努力する」とし、「(公開しようとする情報によって)後発の立場では数カ月、数年かかる作業を一気に捕捉することができる」と説明した。さらに、同報告書に含まれる化学物質の情報についても「このノウハウを開発するため、特定の業者と数年間投資を行うこともある」とし、「年度別の化学物質の使用量と種類を見れば多くの試行錯誤を一気に解決することができる」と述べたという。

    韓国の裁判所は今年2月、サムスン電子の半導体工場で勤務して白血病で死亡した職員の遺族が情報公開を求めて起こした訴訟で、同報告書を「公開すべき」とする判決を下した。これを受け雇用部は3月、情報公開法に基づき工場に同報告書を公開するよう要求。これに対し、サムスン電子は情報公開取り消し行政訴訟を提起していた。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「当然公開してはならない」「このような企業秘密を公開しようという考え自体がおかしい」「公開しようとする政策自体がスパイ行為」「今までサムスンがどれだけ努力してきたと思っているんだ」「国の貴重な技術情報だぞ」など、情報公開への批判の声が多く寄せられた。

    また「情報公開は中国企業やその他の競合他社に技術を与えることになる」など、競合他社への技術流出に対する懸念の声も見られた。

    その他に「半導体だけが頑張っている状態なのに…」「半導体さえも駄目になったら、韓国はどうやって食べていくんだ」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

    引用元: ・【韓国】韓国の核心技術が流出してしまう?サムスン工場の情報公開に「待った」=韓国ネットも反対[04/20]

    【【韓国】韓国の核心技術が流出してしまう?サムスン工場の情報公開に「待った」=韓国ネットも反対[04/20] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/03/26(月) 14:44:52.38 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 保育園の子どもたちがローマ時代の公衆便所について学んでいる。
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    「昔のローマ時代のトイレです。これに昔の人々はどのように用を足したのでしょうか?」

    23日、ソウル 城東区(ソンドング)龍踏洞(ヨンダプドン)にあるソウル下水道科学館の子ども体験館に訪れた保育園児の瞳が輝いた。やはり子どもたちが最も好きな話題はうんこである。先を競って手を上げて、先に出した二人の子どもはローマ時代の公衆トイレを再現したセットの上に座る振りをした。二人の子どもは互いに目を合わせて大爆笑した。間には仕切りが無い。講師が、「早く用を足したい時、このように隣の人が見えたらどうでしょう?」と尋ねると、「とても恥ずかしいと思う」とくすくす笑った。「座っている便器の下に水が流れる管があり、用便を流した」という講師の説明を聞き、子どもたちは次の体験室に移動した。

    ■ 科学で生活、好奇心解明で『歓呼の声』

    昨年9月に開館したソウル下水道科学館は、国内初の下水道テーマ科学館である。1976年に韓国初の下水処理場となった清渓川(チョンゲチョン)下水処理場の跡地である。汚染水がどのように浄化されるかをありありと見せてくれる。

    この日子どもたちが見学したプログラムは、『私のうんこはどこに行くにか』。6~9歳児に最も人気がある。下水処理過程で重要な役割をする微生物をクレイ(おもちゃ用の粘土)にして、パズルを合わせて関連知識を得る。

    (中略)

    ■ 世界の下水処理の歴史が一堂に

    下水道科学館ではソウルと世界の主要都市の下水処理の歴史に対しても学ぶ事ができる。

    ヨーロッパでは1880年代に下水道が本格導入され、下水処理場という概念ができた。それまではヨーロッパでも道端に生活排水を垂れ流すのが一般的だった。

    ソウルで1900年代初頭に使われたと見られる排水路の映像も下水道科学館で見る事ができる。2012年から大々的な下水道整備事業を進行した市がソウル広場や徳寿宮、南大門路、太平路の近くで発掘した。この姿を撮影したものである。

    ソウルは1960年代を基点に人口が爆発的に増加すると、すぐに下水処理場に対する必要性が高くなった。1976年に清渓川下水処理場ができて水質管理に入った。現在は中浪(チュンラン)炭川(タンチョン)の4つの再生センターで全地域を管理している。

    (以下、略)

    ソース:NAVER/東亞日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=020&aid=0003136177

    引用元: ・【韓国】「私のうんこはどこに行くのか」~子どもたちの目がキラ☆キラ[03/26]

    【【韓国】「私のうんこはどこに行くのか」~子どもたちの目がキラ☆キラ[03/26] 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/04/08(日) 13:22:08.96 ID:CAP_USER
    【晋州聯合ニュース】韓国南部・慶尚南道産のパプリカ輸出量と輸出額が1997年の40トン・28万ドル(現在のレートで約3006万円)から、2017年には1万7447トン・4402万ドルに増加した。20年で輸出量は436倍、輸出額は157倍に増えたことになる。そのうち約98%が日本市場に輸出される。慶尚南道農業技術院が8日発表した。 

     農業技術院は日本への輸出が大部分を占める理由について、日本の消費者に好評であることに加え、輸出単価も高く、距離が近いため輸送費が少なくてすむためと分析している。

     今年の慶尚南道産パプリカの日本への輸出単価は1キロあたり3200ウォン(約320円)程度で、台湾よりも800ウォン程度高い。パプリカの輸出単価は毎年一定ではないが、日本への輸出単価はほかの国・地域に比べ800ウォンから2000ウォン程度高いという。

     日本のパプリカ消費量は年間約3万トン程度だが増加しており、農業技術院は慶尚南道のパプリカ輸出量がさらに増えると見込んでいる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000016-yonh-kr

    引用元: ・【韓国】98%が日本向けの慶尚南道産パプリカ 20年で輸出量436倍[04/08]

    【【韓国】98%が日本向けの慶尚南道産パプリカ 20年で輸出量436倍[04/08] 】の続きを読む

    このページのトップヘ