まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/29(水) 22:00:44.45 ID:CAP_USER
    no title

    ▲2018コリアンパレード主催・主管会社関係者が成功的な開催を祈ってファイティンを叫んでいる。

    来る10月6日、マンハッタンの心臓部を横切る「アメリカ アベニュー」(Avenue of the Americas,6th ave)で繰り広げられる「2018コリアンパレード」にニューヨークを代表する政治家20人以上が参加し、50万韓人社会と一つになる。

    ニューヨーク韓人会主催、ニューヨーク韓国日報主管で今年38回目をむかえるコリアンパレードにはまずビル・デブラシオ、ニューヨーク市長が「グランド・マーシャル」(Grand Marshal)として参加してパレードの陣頭指揮をすることになる。

    引き続きトーマス・ディナポリ、ニューヨーク州監査院院長とスコット・ストリンガー、ニューヨーク市監査院院長をはじめキャロライン・マロニー連邦下院議員などが太極旗と星条旗を持って沿道をいっぱいに埋める韓人観覧客と直接会う予定だ。

    ニューヨーク州下院ではニューヨーク州初の韓人選出職のロン・キム(Ron Kim)議員を筆頭に8人(議員名略)が参加し、ニューヨーク州上院も4人(議員名略)が参加してパレードを輝かせる予定だ。(議員名略)ニューヨーク市議会から5人(議員名略)が参加して韓国人社会との深い友情を表す予定だ。

    現在まで出席を確定した政治家だけでも21人で歴代最多を記録すると予想される。特にこれまで朝鮮時代君主の伝統御駕、大型亀甲船模型、朝鮮通信使行列などを主題に進められるコリアンパレードに今年は「平和の少女像」を登場させて全世界の人々に女性の人権と尊厳性に対するメッセージを伝えることになる。

    現在のニューヨーク韓人会移民博物館に保管中の平和の少女像はこの日のパレードの後、特別ブースに展示されて観客に公開される予定だ。
    (後略)

    <チョ・ジンウ記者>

    ソース:コリアタイムズ(韓国語) ニューヨーク大物政治家たち総出動する
    http://www.koreatimes.com/article/1199528

    引用元: ・【米国】 マンハッタンの「コリアン・パレード」に米国の大物政治家総出動~今年は「平和の少女像」も参加[08/28]

    【【米国】 マンハッタンの「コリアン・パレード」に米国の大物政治家総出動~今年は「平和の少女像」も参加[08/28] 】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2018/09/02(日) 17:52:53.18 ID:CAP_USER
    設備投資が5カ月連続のマイナスとなっている。景気後退が本格化の様相を呈しているものだ。景気低迷の懸念から、韓国銀行は米国との金利が逆転するのにもかかわらず、金利を9カ月連続で凍結した。

     統計庁は「7月中の設備投資は前月比で0.6%減少し、5カ月連続で下落した」と31日、発表した。設備投資が5カ月連続で減少するのは、アジア通貨危機(1997年9月から98年6月までの10カ月連続減少)以来だ。統計庁は「昨年大幅な設備投資をしていた半導体メーカーが、今年4月を境に設備増設を終えたため、全体的な投資指標が鈍化している」と説明した。

     投資と共に実物指標の3大軸を成している生産と消費は0%台の低成長にとどまっている。先月の生産と消費は前月比0.5%の増加にとどまった。現在の実物景気動向を示す景気動向指数循環変動値は99.1で、昨年5月に100.7とピークに達して以降、1年以上にわたり下降を続けている。

     韓国銀行は同日、基準金利(年1.5%)をまた凍結した。昨年11月、6年5カ月ぶりに基準金利を0.25ポイント上げたが、その後は9カ月連続で足踏みしている。米国が予定通り年内に金利をさらに2回上げれば、韓米間の金利格差が1ポイントまで広がり、資本流出の可能性が高まる。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「7月の就業者の増加幅が5000人にとどまり、雇用状況がかなり不振となっている。これまでの実績が予想を下回り、今年の就業者数の増加規模は(当初提示した)18万人を下回るものと見られる」と述べた。

    イ・ジュンウ記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2018/09/01 09:37
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/01/2018090100539.html

    引用元: ・韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化

    【韓国の設備投資5カ月連続減、景気後退が本格化 】の続きを読む

    1: Ikh ★ 2018/08/30(木) 02:17:29.78 ID:CAP_USER
    昨年建設契約金額が海外受注不振などの影響で2年連続減少したことがわかった。

    28日に統計庁が発表した「2017年基準建設業調査暫定結果(工事実績部門)」を見ると、昨年の建設業界総契約額は267兆ウォンで2016年の274兆ウォンより2.5%減った。総契約額は2015年に286兆ウォンを記録してから2年連続で減少した。

    契約額減少は海外で目立った。昨年の海外建設契約額は26兆ウォンで前年より5兆ウォン(16%)減った。2013年から昨年まで5年連続で減少している。


    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    ソース
    2018年08月29日09時36分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/518/244518.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・韓経:韓国、建設契約額2年連続で減少…海外受注不振

    【韓経:韓国、建設契約額2年連続で減少…海外受注不振 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/09/04(火) 11:56:47.07 ID:CAP_USER
    (台北 1日 中央社)国防部(国防省)は8月31日に公表した今年の「中共軍事力報告書」の中で、中国はいまだに台湾に対する武力行使を諦めておらず、2020年までにその全面的な侵攻作戦能力の完備を目指しているとの見方を示した。

    武力に訴える可能性があるのは、台湾による独立の宣言、台湾内部の動乱、核兵器の保有、中国との平和的統一を目指す対話の遅延、外国勢力による台湾への政治介入、外国軍の台湾駐留などが起きた際だと分析。

    運用する戦術・戦法については、台湾海峡を挟むといった地理的な環境の制限により、上陸用舟艇や後方補給能力が不足しているため、現段階では軍事的脅威や封鎖作戦、制圧射撃などの可能性が大きいとした。

    また中国軍が近年台湾を周回する形で飛行したり航行したりしており、それらのいずれも対台湾作戦を想定したものと言及。軍事科学技術と兵器の研究開発に力を注ぎ続けている戦力の増強と台湾への脅威に警戒感をあらわにした。

    no title


    http://japan.cna.com.tw/news/achi/201809010003.aspx
    ★1が立った日付2018/09/03(月) 22:59:28.26
    前スレhttps://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535983168/

    引用元: ・【中国人民解放軍】中国、台湾侵攻準備を2020年までに整える方針=国防部報告★2

    【【中国人民解放軍】中国、台湾侵攻準備を2020年までに整える方針=国防部報告★2 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/08/30(木) 11:49:48.91 ID:CAP_USER
    ソウル中心部の光化門(クァンファムン)で29日午後、文在寅(ムンジェイン)政権が推進する最低賃金の引き上げ政策に反対する自営業者らの集会があった。

    豪雨のなか、主催者側の発表で約3万人(警察集計は1万5千人)が「自営業者の生存権を脅かす政策を撤回せよ」などと書かれたプラカードを掲げ、文政権を批判した。

    文政権は「所得主導による経済成長」を掲げ、来年の最低賃金を今年より10・9%増やして時給8350ウォン(約835円)にすると決めた。これに対し、自営業者や中小企業などがアルバイトなどを雇えなくなるとして反発している。

    世論調査機関の韓国ギャラップが24日に発表した文大統領の支持率は就任後最低の56%まで落ちたが、文政権は26日、従来の経済政策を維持する方針を改めて明らかにしていた。


    2018年8月30日10時33分
    https://www.asahi.com/articles/ASL8Z2QM1L8ZUHBI00S.html

    引用元: ・【韓国】 豪雨のなか、韓国で政権批判集会 最低賃金の引き上げで [08/30]

    【【韓国】 豪雨のなか、韓国で政権批判集会 最低賃金の引き上げで [08/30] 】の続きを読む

    このページのトップヘ